旅の+one

毎朝手動で挽いても手間にならないコーヒーミルが話題! 35段階の粒度調節で、手軽にドリップやエスプレッソを楽しもう

▼あわせて読みたい
世界初!たった4分で時間のかかるコールドブリューを淹れる。キャンプでも活躍する電池式コーヒーメーカー

 
自宅で美味しくて新鮮なコーヒーを味わいたい。そのために、コーヒー豆を手動ミルで挽いている方も多いのではないだろうか。日々のコーヒータイムを格上げしてくれるのが、クラウドファンディングサービスGreen Fundingにて販売を開始したセラミック式のコーヒーミル「CrushGrind Coffee(クラッシュ・グラインド・コーヒー)」だ。

 

▲卓上ミルBrazil

 

▲ハンドミルColonbia

 
開発したのは、デンマークのCrushGrind社。スパイスミルを中心にセラミック製のミルを世界累計5,000万台以上も販売した実績があり、コーヒーミル「CrushGrind」は満を持しての販売となる。

 

 
注目すべきポイントは、極細挽きから粗挽きまで、なんと35段階の粒度調整を可能にしたことだ。ドリップコーヒーだけでなく、エスプレッソやフレンチプレスまでと、好みに合わせたコーヒーを楽しむことができる。

 
また、粒の大きさが均等と性能も抜群。一般的に極細挽きは難しいとされているが、卓上ミルは0.2mmを、ハンドミルは0.3mmというふわふわのパウダー状に仕上げてくれる。

 
さらに、同価格帯の手動コーヒーミルと比較し3倍~5倍の効率で豆を挽けるのも魅力だ。どの粒度の挽き方でも、他の製品と比較し、より少ない回転数で豆を挽くことができる。

 

 

 

 
なぜ、少ない回転数で豆を挽くことができるのか。秘密は、長年セラミック製のミルを開発してきたCrushGrind社が3年間かけ開発した独自構造にある。

 
▼あわせて読みたい
屋外でも電源なしでいつでも本格的エスプレッソが淹れられる!バリスタ世界王者が認める至高の一杯

 

 
刃は金属製ではなくセラミック刃のため、摩擦による熱が生じにくく、豆を酸化させる心配がなく、錆ないので水洗いが可能なことも嬉しいポイントだろう。

 

 
商品は、自宅用の「卓上ミルBrazil」と、アウトドアやキャンプなどに最適な「ハンドミルColonbia」との2種類。自分のお気に入りの空間で挽きたてのコーヒーを味わってみてはいかがだろうか。

 
▼あわせて読みたい
坂口憲二氏がコーヒー焙煎士を務める「The Rising Sun Coffee」が全国へ!サブスク「PostCoffee」で楽しめる

 

CrushGrind Coffee
予約開始日:2021年3月15日(月)12:30~
先行予約販売期間:2021年3月15日(月)〜4月20日(火)
発送予定:2021年5月発送予定
予約方法:クラウドファンディング「Green Funding」
一般販売予定価格:ハンドミルColonbia9,975円(送料&税込)、卓上ミルBrazilBrazil13,230円(送料&税込)
先行販売価格:ハンドミルColonbia6,990円~(送料&税込)、卓上ミルBrazilBrazil9,260円〜(送料&税込)
Webサイト:https://greenfunding.jp/lab/projects/4510URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

山形の春を満喫!芭蕉ゆかりの地・山寺など名刹巡りと、さくらんぼ&美食の旅

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す