旅の+one

断熱性がすごい“宇宙服の素材で作った寝袋”ならマイナス196度でも暖かい!?軽くて薄く、冬キャンプでもぬくぬく

▼あわせて読みたい
極寒のヒマラヤ登山にも耐える寝袋メーカー「NANGA」が“羽毛布団”を開発!ふわふわと軽くて暖か、見た目もお洒落

 
宇宙服にも使われている断熱素材「エアロゲル」を使用した“超断熱”寝袋「AERO WARM(エアロワーム)」が、2021年11月29日(月)まで応援購入サービス「Makuake」にて先行予約販売を行っている。プロジェクト開始から約1日で目標金額100%を突破した注目の商品だ。

 

 
「エアロゲル」とは、非常に軽く、マイナス196度での環境下でも防寒効果を発揮する超断熱素材。その断熱性の高さから宇宙服にも使用されており、”21世紀に革命を起こす素材”として知られている。一方で素材の特性上、一般の衣服に応用することが難しいという課題があったが、最先端技術により開発されたエアロゲルを活用し、この“超断熱”寝袋が完成した。

 

 
「AERO WARM」は表面・裏面生地にエアロゲル素材を配合し、高級ホワイトダッグダウンをふんだんに取り入れたことで、天候・気温差のある野外でも寝袋の機能性が飛躍的に向上。内側には、やわらかく肌触りのいい「極暖毛布」を装着することができ、チャックで簡単に着脱できる。2つの寝袋をファスナーで連結することも可能だ。

 

 
▼あわせて読みたい
極寒にも耐える“超断熱毛布”は、タープ・レジャーシートにもなる。アメリカで月間7,000個売れた注目アイテム

 
付属の「エア枕」をあわせて使えば、野外でもまるで“おうちベッド”のような快適さで眠ることができる。また、オプションで人間工学に基づいて設計された「エアマットレス」も用意している。

 

 

 
なるべく荷物のかさばりを防ぎたいアウトドアなどのイベントで持ち運びしやすいよう、簡単にくるくる丸める薄さの生地を実現。そのほか、便利なポケットを備えるなど細部にまでこだわり、使いやすさを追求した。キャンプの寝袋としてはもちろん、車中泊やリビングでの普段使いとしてなど、どんな用途でもあたたかく快適な眠りを約束してくれることだろう。

 
▼あわせて読みたい
53度まで温まる“電熱シュラフ”であったか冬キャンプ!ポンチョやブランケットになり、災害時も活躍

 

AERO WARM(エアロワーム)
先行販売価格:23,800円~77,385円(税込)※プロジェクト終了は2021年11月29日(月)予定
サイズ:210cm×80cm、厚さ4cm
重量:約1,540g
カラー:ネイビー
発送:2022年3月末までに発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/aero_warm/URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す