旅の+one

走りながらバッテリー充電する電動アシスト自転車!軽量で、レバーを引くだけで折り畳みできる

 
▼あわせて読みたい
電動と折り畳みのいいとこどり、坂道もデコボコ道もスイスイの自転車!7段ギアで最大120km走行可能

 
中国のテクノロジーの中心地・深センに本拠地を置く電動アシスト自転車ブランド「AiDDE(アイッデ)」は、日本国内向けモデル「A1TS」の先行販売を、応援購入サービス「Makuake」にてまもなく開始する。

 

 
ボディー重量は、16.8kgと軽量。車体フレームはアルミ合金構造で軽量化を実現し、誰でも簡単に持ち上げることができる。折り畳み手順も簡単で、レバーを引くだけで工具は一切いらない。

 

 
エネルギー回収システム採用し、最大走行距離80kmを実現した「A1TS」。ペダルを回す運動エネルギーを電気エネルギーに変換することによって、モーターを回すパワーがより長く持続。走りながらバッテリーを充電できるので、走行距離を大幅に伸ばすことに成功した。

 
▼あわせて読みたい
最高時速45km、超軽量3輪スポーツ電動バイクが登場!小回りがきいて、買い物など移動に最適

 

 
業界最新型TFT液晶ディスプレイを搭載。バッテリー残量・スピード・走行距離・アシストモード・カロリー消耗・故障検知機能・モーターパワー・走行時間と、多彩な画面をワンタッチで操作可能だ。走行中でもデータが見やすく、USB充電ポート付きなので、いつでもスマホを自転車から充電することができる。

 

 
「A1TS」は、コンパクトな車体ながら、サスペンションフォークを採用。段差があっても衝撃を吸収し、ノーマルフォークの自転車と比べて格段の安定性を誇る。

 
タイヤは特殊コンパウンドの採用と超深溝パターンにより、耐摩耗性とグリップ力が大幅にアップ。普通のタイヤよりパンクしにくく、山道や荒れた道でも、身体への衝撃を減らし、疲れ知らずの究極の乗り心地を提供する。

 
▼あわせて読みたい
約70km走れる、電動バイク・電動自転車・自転車が1台に!簡単に折り畳みOK、無骨なビジュアルも〇

 

 

 
出勤前のひととき、「A1TS」を気軽に走らせ、お気に入りのカフェに立ち寄る。週末、車に「A1TS」を積み込みキャンスポットへ出かけ、ちょっと遠乗りを楽しむ……など日常から非日常までさまざまな場面で使える「A1TS」。行動範囲をぐんと広げてくれそうだ。

 

A1TS
先行販売価格:未定
※応援購入サービス「Makueke」にてまもなく販売開始予定
Webサイト:https://aidde.netURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す