旅の+one

海の上で昼寝ができる!水陸両用エアークッションテントは持ち歩けて、強い日差しもカットする

 
▼あわせて読みたい
アウトドアチェアおすすめ12選|おしゃれで機能的な最新モデルを紹介

 
「更に快適な生活を提案する」をコンセプトに様々な製品の提供を展開する「Newseed」は、「水陸両用エアークッションテント」の先行販売を、クラウドファンディングサイト「Green Funding」にて2021年10月6日(水)までの期間限定で開始した。

 

▲出典:クラウドファンディングサイト「Green Funding」URL

 
「水陸両用エアークッションテント」は、大人1人を包み込むようなゆったりサイズの特大のクッションに、UVカット加工が施されたサンシェードがついたエアークッション型のテント。大人から子どもまで寛げ、アウトドアやレジャーに最適なギアだ。

 

▲出典:クラウドファンディングサイト「Green Funding」URL

 
寝転がるとエアークッションに柔らかく包み込まれ、サンシェードが日差しを遮り座り心地がよい「水陸両用エアークッションテント」。サンシェードの後方にはメッシュウィンドウとカーテンが備え付けられており、カーテンを開けることで気持ちのよい風が通る。サンシェードをつけずに、エアークッションのみでも使用可能だ。

 
▼あわせて読みたい
薪ストーブ専用のテントが登場。朝晩冷えるキャンプにぴったり!組み立て簡単で、煙突を好きな位置に設置

 

▲出典:クラウドファンディングサイト「Green Funding」URL

 
サイズは、縦180×横165×高さ50cmと余裕たっぷり。身長の高い男性でも全身を快適に包み込む大きさで、小さな子どもならちょっとした秘密基地となる大きさ。ゆったりとくつろげるサイズ感となっている。

 

▲出典:クラウドファンディングサイト「Green Funding」URL

 
室内、芝生、公園、ビーチ、プールなど多くの場所で広げて使用できる「水陸両用エアークッションテント」。エアークッションは防水仕様なので、プールなどで水に浮かべて使うこともできる。

 

▲出典:クラウドファンディングサイト「Green Funding」URL

 
付属のショルダーポーチには、エアークッション、サンシェード、ポールなどをすべてコンパクトに収納することができる。ショルダーポーチの紐は長さ調整可能。総重量約2kgと持ち運びも簡単だ。

 
▼あわせて読みたい
どこで寝ても首が痛くならない!アウトドアでも快眠できる枕は約390gで、持ち運びも水洗いもOK

 

▲出典:クラウドファンディングサイト「Green Funding」URL

 
カラーバリエーションは全5色。明るめな色のスカイブルー、グリーン、オレンジと、落ち着いた色のブルー、パープルから好みに合わせて選べる。

 

▲出典:クラウドファンディングサイト「Green Funding」URL

 
ショルダーポーチにすべて収まり、どこへでも気軽に持ち運べる「水陸両用エアークッションテント」。サンシェードが強い日差しをガードし、メッシュウィンドウで風通しも良好。どこへ持って出かけようか、アウトドアレジャーの楽しみがまたひとつ増えそうだ。

 

水陸両用エアークッションテント
先行販売価格:7,800円~18,000円(税込)※プロジェクト終了は2021年10月6日(水)予定
サイズ:組立時 180×165×140cm、収納時 27×33×14cm
重量:約2kg
発送:2021年10月中旬以降発送予定
Webサイト:https://greenfunding.jp/lab/projects/5075URL

 
source:@PressURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す