旅の+one

睡眠中に枕の高さが自動で変わる!スッキリ寝起きで首・肩が痛くならない。寝返りしても適度な高さで頭を支える

 
▼あわせて読みたい
ダラけたい人必見!あらゆる姿勢にフィットする枕クッションは、体の負担を和らげ極上のリラックス状態に

 
日常に新しいイノベーションを届けることをミッションとする「Brand New Trading」は、寝ている間に高さを自動調整し首肩の負担軽減する枕「AirCozy Premium(エアコジー・プレミアム)」の先行販売を、応援購入サービス「Makuake」にて2021年11月29日(月)までの期間限定で開始した。

 

 
起床時に首や肩に不快感の残ることがあるが、その大きな原因は睡眠中の寝返りにあるという。人は睡眠中の体圧分散のため、一晩で何度も寝返りを打つが、仰向けと横向きでは首や頭の高さが異なる。高さが一定の枕では仰向けの時にどんなに快適でも、横向きの時には首や肩の筋肉に負担がかかってしまうのだ。

 
「AirCozy Premium」は、睡眠中の体の向きを感知し、自動的に枕の高さを調整。心地よい眠りを得るためのさまざまなハイテク機能を搭載した新しい枕だ。

 

 

 
就寝前に「AirCozy Premium」とセットになった専用パジャマパンツに体の向きを知らせるセンサーをセット。すると寝返りを打つごとに今の高さを知らせるセンサーからの信号を枕が感知。空気圧を用いて、今の体の向きに合った枕の高さにミリ単位で調整してくれる。

 
▼あわせて読みたい
もうイヤホンはいらない!スピーカー内蔵のネックピローなら、リラックスしながら音楽が聴ける

 

 
睡眠中の枕の高さは常にジャストフィット。仰向けでも横向きでも頭や首を的確な高さでしっかり支え、首や肩の筋肉に余計な負担を掛けない。しかもエアクッションなので適度な弾力があり、体圧分散も適度だ。

 

 
「AirCozy Premium」は、枕カバーにシルクのように滑らかでリネンのような涼感を感じられる、吸汗性と速乾性を兼ね備えた天然由来繊維テンセル(C)を使用。テンセル(C)は木のパルクを精製して作る再生繊維で、同じ再生繊維のレーヨンと違い精製過程で有害物質を使用していない。

 
また枕カバーの頭を当てる部分の生地は凹凸があるため通気性がよく、断面積が広いため寝汗が素早く乾燥する。さらに枕カバーのサイドはメッシュ生地なので風通しも優れていて、睡眠中の蒸れや熱気を素早く取り除き、常に快適な寝心地を提供してくれる。

 

 
人は無音の状態より、多少の雑音があった方が睡眠環境の質が上がると言われている。「AirCozy Premium」は、人を安眠に誘う5種類のホワイトノイズを発生するスピーカーを搭載。ホワイトノイズを聞きながら眠りにつくと単調な音に脳が慣れ、同時に周囲の雑音が遮断されて快眠へと導いてくれる。

 

 
「AirCozy Premium」は、Bluetooth対応のスピーカーを内蔵。スマホから音楽を配信し、耳元でお気に入りの音楽を聴きながら眠ることもできる。耳元に音楽が流れるのでパートナーや周囲の人に迷惑をかけることもない。

 
▼あわせて読みたい
わずか100秒、どこでもベッドで寝られる!ポンプ内蔵なのに1.2kgで持ち運べて、非常用電源としても使える

 
メーカーの本拠地である台湾をはじめ、世界各地で特許を取得している「AirCozy Premium」の自動昇降機能付き枕のシステム。他社が真似することのできない独自のアイデア・機構で、スムーズな入眠やリラックスした眠り、そして爽やかな起床へといざなってくれるだろう。

 

AirCozy Premium(エアコジー・プレミアム)
先行販売価格:47,880円~159,600円(送料・税込)※プロジェクト終了は2021年11月29日(月)予定
サイズ:S 横65×縦38×高さ9.9~13cm、M 横65×縦38×高さ10.4~13.5cm、L 横65×縦38×高さ10.9~14cm
重量:S 4.06kg、M 4.08kg、L 4.1kg
発送:2022年2月末までに発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/aircozyURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す