旅の+one

真夏に赤ちゃんを抱っこしても蒸れない!”抱っこ紐用の扇風機”なら付けるだけでマイナス3度。夏のお出かけが快適に

 
▼あわせて読みたい
髪を巻き込まず安心!羽根なしの首掛け扇風機は、230gの超軽量で長時間使っても首が疲れない

 
「夏でも赤ちゃんと抱っこでお出かけしたい。でも暑いのはどうにかしたい」というパパ・ママのお悩みをサポートする、抱っこ紐用ファンパッド「AirHug(エアハグ)」が、応援購入サービス「Makuake」にて先行販売中だ。胎児超音波心音計「エンジェルサウンズ」などの医療機器製品を扱う「ちゃいなび」が開発し、プロジェクト開始2分で応援金額1,000,000円を突破、達成率1100%を実現した大注目の商品だ。

 

 
「AirHug」はいつも使っている抱っこ紐に取り付け、抱っこ紐と赤ちゃんとの間にそよ風のような優しい風を送る、厚さ約1.5㎝のファン付きパッド。直接風を当てるのではなく、全体に風の流れをつくることで、抱っこ紐内の温度の上昇やムレが軽減される。

 

 
取り付け方法は簡単。抱っこ紐を装着する前にパッドをクリップで取り付けるだけなので、お出かけ前でも慌てる必要がない。パッドは約1.5㎝という薄さと1枚110gという軽さで、赤ちゃんも違和感を覚えにくく、ママ・パパも負担なく使用できる。使っていない時でも持ち運びしやすく便利だ。

 

 
ファンパッドは、赤ちゃんを支える背当て部分に取り付けられるシングルタイプと、背当て・保護者の胸面に取り付けできるダブルタイプの2種類。いずれもメッシュカバーは水洗いが可能だ。

 

▲出典:応援購入サービス「Makuake」URL

 
▼あわせて読みたい
真夏でもかけたほうが涼しいブランケット!たたんで持ち運べるから、オフィスや外出先でも活躍

 
そして同社が行った検証では、気温28度の室外で同商品を1時間使用後、パッド付近の温度がマイナス3度に変化。薄型のファンから外気をとりこみ風の流れをつくることで、優しい風量で冷えすぎを防ぎつつ、快適に抱っこすることができる。

 

 
風量は3段階に調節ができ、赤ちゃんの状態や環境に合わせて使用可能。取り付けた後も、付属のリモコンを使用して手元で電源の切り替えや風量調節ができるため、ファンパッド側で操作する必要がない。体温調節がうまくできない小さい月齢の赤ちゃんでも、様子を見ながら冷えすぎないよう調節ができるので安心だ。

 

 
USB電源式のためモバイルバッテリーで使用することができ、お出かけ時にバッテリー容量を気にする心配もいらない。車内や外出先でも稼働できるので、さまざまな場所で使いやすい仕様になっている。

 

 
いつもの抱っこひもの装備にプラスすれば、赤ちゃんの暑さからくる不機嫌も解消でき、夏のお出かけがより楽しく快適になること間違いなしだ。

 
▼あわせて読みたい
「腰に巻く扇風機」で熱中症対策!ウエストポーチ型で、散歩やレジャーのファッションにも取り入れやすい

 

AirHug (エアハグ)
先行販売価格:3,713円~5,584円(送料・税込)※プロジェクト終了は2021年7月28日(水)予定
シングルタイプAFD-S
サイズ:本体(フロントパッド)約200mm×165mm/リモコン 直径62mm×厚さ32mm/ケーブル 全長約400mm
重量:パッド 約110g/リモコン 約60g
モバイルバッテリーによる連続使用時間の目安:5000mAh:20時間/4000mAh:16時間/2600mAh:10時間
ダブルタイプAFD-D
サイズ:本体(バックパッド) 約160mm×170mm/リモコン 直径62mm×厚さ32mm/ケーブル 全長約340mm
重量:パッド 約110g/リモコン 約60g
モバイルバッテリーによる連続使用時間の目安:5000mAh:10時間/4000mAh:8時間/2600mAh:5時間
※使用時間及び送風量はバッテリーの容量により異なる
発送:2021年8月末頃発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/airhug/URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す