旅の+one

空気入れは不要!たった60秒で完成するエアソファー。快適な寝心地で、スマホの充電もできる

 
▼あわせて読みたい
テント泊でも快眠できる!自動で膨らむキャンプマット。厚みたっぷり&ワイド設計で寝返りもOK

 
新商品の企画、生産、販売を手掛ける「SUNONE」は、60秒で空気入れが完了する「電動エアソファーSFY」の先行販売を応援購入サービス「Makuake」にて2021年9月24日(金)より開始する。

 

 
「電動エアソファーSFY」は、ボタンを押すだけのシンプルな操作で、たった60秒で空気入れが完了。専用の空気入れポンプや、複雑な操作の必要なく、ワンボタンで本格的なソファーが出現する。

 

 
使用後の操作も簡単で、排気口を開けて空気を抜き、折りたたんで収納バッグに入れるだけ。1.2㎏と軽量なので、荷物の多いキャンプやピクニック、自転車での持ち運びなども楽々だ。

 

 
「電動エアソファーSFY」は、携帯性を実現しながら、ソファーとしての快適さにも妥協していない。背骨にしっかりフィットしながら支え、膝も自然なカーブを保つように設計されており、リラックス感を追求している。

 
▼あわせて読みたい
紙製なのに300kgまで耐えるソファ!9~140cmに伸縮し、限られた空間を有効活用できる省スペース仕様

 

 
高品質ナイロン素材を使用し、ソファーとしての使い心地と耐用性を実現。使用時のサイズは、座るにも寝そべるにもしっかりとした厚みを感じられる高さ33~40㎝、長さはゆったりとした180㎝。150㎏の耐荷重で、2人で座ることも可能だ。

 

 
内側にはTPU素材を使用し、水しぶきに強い生活防水機能も備えている(水中での使用は不可)。

 

 
「電動エアソファーSFY」は、2,600mAhの大容量バッテリーを内蔵。1回のフル充電で30回使用が可能だ。また、USB出力ポートを備えているので、リラックスしている間にスマートフォンの充電も可能。また、タブレットなどでバッテリー切れの心配なく動画鑑賞や読書を楽しめる。

 
▼あわせて読みたい
車中泊&キャンプでも熟睡できる!デニム素材のソファーベッドは、水や汚れをはじいて洗濯も可能

 

 
アウトドアだけでなく、自宅でもソファーとして使え、ゲストが泊まりに来た際には予備ベッドとしても使える「電動エアソファーSFY」。空気を入れるのに手を煩わせることなく、軽量で持ち運びも楽だから、使う人を選ばず、だれもがお気に入りの場所でリラックスできそうだ。

 

電動エアソファーSFY
先行発売日:2021年9月24日(金)
充電時間:4時間
バッテリー容量:2,600mAh
最大耐荷重:150kg

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す