旅の+one

サイクリング中もスマホ充電できる!自転車専用なら落下の心配もなしで、安心して移動が可能に

▼あわせて読みたい
10日間灯しっぱなしOK!スマホ約4回分の充電もできるランタンが登場。防水加工で雨でも大活躍

 
台湾の台北市に拠点を構えるデザインブランド「Bone」から、サイクリング用の新しいスマホアクセサリーが登場。自転車人気が高まる中でロングライドも主流になり、ナビゲーションや動画撮影に伴う充電不足を解決するため、新たに開発された「Bone自転車用スマホ充電キット」が、2021年3月15日(月)から応援購入サービス「Makuake」にて発売を開始した。

 

 
15年以上、デザイン性の高いスマホアクセサリーや生活雑貨を発信する「Bone」から2017年に登場した自転車用スマホホルダー「Bone Bike Tieシリーズ」。ユーザーからの声を元に、何度もバージョンアップされ、今回の新商品「Bone自転車用スマホ充電キット」の発表に至った。

 
▼あわせて読みたい
わずか399g、手のひらサイズのモバイルプロジェクターが300インチに投影!ゲームや映画、大画面のある暮らしを実現

 

 
設置はとてもシンプル。バッテリーを装着したバッテリーホルダーにストラップベルトを通し、あとはハンドルかステム、好みの位置にベルトを締めて固定するだけで、しっかりバッテリーをキャッチ。走行中の振動や急なブレーキなどで落下する心配もない。

 

 
バッテリーホルダーとストラップベルトの取り付け方によって、ハンドルとステム、どちらにも設置可能。ハンドル/ステムの設置個所のチューブ径が直径22~39mm以内であれば、自転車・バイクの車種を問わず、幅広く使用することができるのもうれしい。

 
▼あわせて読みたい
キャンプや自宅が癒やしの空間に早変わり!持ち運びOKのランタン型LEDライトで、幻想的な夜を過ごす

 

 
バッテリーホルダーは、Bone独自のX構造と高性能シリコンを使用。モバイルバッテリーの周長が13~18cm以内であれば、各種ブランドのモバイルバッテリーを装着することができる。

 

 
バッテリーとスマートフォンをつなげるL字型ケーブルと、ケーブル収納ケース付き。自転車を降りるときでも簡単に収納できる。自転車やバイクに乗りながらスマートに充電できる充電キット。ハンドルまわりをスタイリッシュにカスタムしたい人にはうってつけのアイテムだ。

 

Bone自転車用スマホ充電キット
先行販売価格:2,080~5,560円(送料・税込) ※プロジェクト終了は2021年4月12日(月)予定
発送:2021年4月末頃発送予定
販売Webサイト:https://www.makuake.com/project/boneURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す