旅の+one

文化財がスパ付きホテルに大改装!アクセス抜群の京都中心地に、極上の寛ぎホテルが誕生

京都市指定・登録文化財である旧伴家(ばんけ)を改修したホテル「カンデオホテルズ京都烏丸六角(仮称)」が、2021年6月に開業する。

 

▲レセプション棟 通り土間イメージ

 
伴家住宅とは、居住棟と店舗棟が南北につながる京町家。厨子二階(つしにかい)造りは、2階の天井が低く、虫籠窓があるのが特徴だ。近世後期に完成し、明治後期まで一般的に建築された様式で、中二階とも呼ばれる。

 
そんな伝統的町家を改装し、レセプション棟、客室棟、大浴場棟の3つの棟で構成。京町家の空間や文化価値を体験できる特別なホテルに生まれ変わる。

 

▲レセプション棟2階 バー・ラウンジイメージ

 
レセプション棟のラウンジ・バーは畳空間をそのまま残し、京町家を感じる寛ぎの空間に。また、応接の間では、町家に住む感覚を体験しながら、それぞれの時間を楽しむことができる。

 

▲客室イメージ

 
地上10階建ての客室棟には106室の客室があり、プライベートスパ付き客室も2部屋完備。カンデオホテルズチェーン最大の特徴である大浴場も2階と4階に備え、観光で疲れた体を癒やし、リフレッシュできる空間を提供する。

 

▲大浴場イメージ

 
JR京都駅からもアクセスでき、京都の中心・烏丸御池駅からも徒歩3分の好立地。京都が一年で最も賑わう祇園祭の際には、ホテル正面に山鉾(浄妙山)が組み立てられるという。

 

▲浄妙山の駒形提灯の様子(「浄妙山保存会」より)

 
機能性・デザイン性・利便性も抜群のこのホテルを拠点に、観光のプランを計画してみてはいかがだろうか。

 

カンデオホテルズ京都烏丸六角(仮称)
住所:京都市中京区六角通烏丸西入骨屋町
階数:地上10階
客室数:106室
開業日:2021年6月
Webサイト:https://www.candeohotels.com/ja/URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

山形の春を満喫!芭蕉ゆかりの地・山寺など名刹巡りと、さくらんぼ&美食の旅

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す