旅の+one

学校に泊まるワクワクのグランピング。職員室が貸切風呂に変身し、給食でおなじみのビン牛乳も楽しめる

 
▼あわせて読みたい
真夏の炎天下でも、8日間氷が溶けないクーラーボックス。アウトドアでビール、ナマモノ、アイスを冷えたまま楽しめる

 
千葉県市原市にある旧高滝小学校の校舎や校庭をグランピング施設にリノベーション。リゾート感を感じることができるカリフォルニアテイストの「高滝湖グランピングリゾート」が、2021年4月20日(火)にオープンした。

 

 
房総半島の中部を流れる養老川をせきとめて1990年に完成した高滝ダムによって造られた高滝湖。その湖のほとりにある2013年3月に廃校となった旧高滝小学校は、高滝湖の自然を感じながら快適に過ごすことができるグランピング施設「高滝湖グランピングリゾート」として生まれ変わった。

 

 

 
フロントは元家庭科室をリニューアル。チェックインは密な状態を避けるため、スマートチェックインシステムを導入している。管理棟にあるタブレットに二次元コードをかざすか予約コードを打ち込めば、すぐにチェックインをすることができる。

 
▼あわせて読みたい
グランピングに持っていくと楽しみが倍増!必需品からあると便利なアイテムまで大公開

 

 
校庭には、かまくらのようなコロンとしたフォルムの直径6mの「大型ドームテント」、夜は星空を眺めることができる「クリアドームテント」、ベル型のワンポールテント「ベルテント」の3種類のテントが全24サイト設置。どれもエアコンや冷蔵庫、ACコンセント完備していて、一年中快適に過ごすことができる。

 

 

 
ペットも一緒に泊まれるテントは、ベルテント1棟、ドームテント3棟の計4サイトを用意。各テントにはゲージやトイレシート、水飲み皿などのペット用のファシリティも完備し、テント前には、ドッグランで遊んだ後に足を洗うことができるドッグシャワーが設置されている。

 

 

 
夕食は、Weber(ウェーバー)社の本格ガスグリルで味わうアメリカンBBQスタイル。千葉県産の野菜をはじめ、肉や魚介の食材を使ったプライベートBBQを味わえる。朝食は自分で作るハンバーガーに、サラダやスープ、さらに小学校でおなじみのビン牛乳が付いてくる。食材や調味料をはじめ、食器や調理器具もすべて完備しているので、手ぶらでOKだ。

 

 

 
元職員室をリフォームした4室ある貸切風呂(60分2,000円)は24時まで利用可能。シャンプーやコンディショナー、ボディソープなどのアメニティも用意されているので、部屋にあるバスタオルだけ持っていけば、ゆっくりと過ごすことができる。

 
▼あわせて読みたい
厚さたった5mm、ポケットに入るスマホサイズの超小型焚き火台。ナイフやフォークも内蔵のスグレモノ

 

 
キャンプファイヤーは荒天を除き毎晩開催。手ぶらで気軽に行けるグランピングで、自然に身を任せた贅沢な時間を過ごしてみてはいかがだろう。

 

高滝湖グランピングリゾート
電話:047-701-8872(10:00~17:00)
住所:千葉県市原市養老1012-1
オープン日:2021年4月20日(火)
テントサイト数:24室
施設内容:管理棟、貸切風呂4室、男女別シャワー室、トイレ、ドッグラン、遊具エリア
Webサイト:https://www.takatakiko-glamping.comURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す