旅の+one

直火も電子レンジもOKな耐熱丼なら、調理後そのまま食卓へ!土鍋並みの保温力で出来立ての美味しさをキープ

 
▼あわせて読みたい
カレーも炒飯も最後までキレイにすくえるお皿!洗浄後の水キレも抜群の長崎・波佐見焼の食器

 
直火にかけられる一人用の耐熱食器「COTTO クックボウル」が応援購入サービス「Makuake」にて先行販売を行っている。同サービスで応援購入総額130万円を突破した前作のCOTTOシリーズから、アンケートで注目度No.1のクックボウルが登場した。

 

 
クックボウルとは、調理器具と食器の機能を兼ね備えたアイテム。作ることと食べることが一つの器でできるため、食事がシンプルに完結し、洗い物の負担も軽減される。手掛けたのは三重県四日市市にある萬古焼のメーカー「銀峯陶器」。この商品は1950年代から続けてきた土鍋作りのノウハウを生かして開発されたという。

 

▲出典:応援購入サービス「Makuake」URL

 
「COTTO クックボウル」は土鍋に肩を並べるほど優れた保温力を誇る。これは耐熱土と独自開発の釉薬によるもの。ラーメンやビビンバ、鍋焼きうどんなどの料理を、食べ終えるまでアツアツのまま、できたての美味しさをキープしてくれる。耐熱温度はなんと20度から670度で、直火や電子レンジ、オーブントースターなどの熱源に対応している。

 

▲出典:応援購入サービス「Makuake」URL

 
陶器製でセミマットな質感とカラーリングにより、食卓に自然と馴染むデザインになっているのもうれしい。内側には500mlの水位目盛りも付いており、計量カップに水を入れる手間を省けるため、インスタントラーメンを食べる時などに便利だ。

 

 
▼あわせて読みたい
炒飯も野菜炒めもべちゃっとしない!“お一人様用”の中華鍋は、直火・IHの両方対応でお手入れも楽々

 
重量は約640gと軽くて取り扱いやすいのもポイント。また、食べ終わったら食器のように台所で洗うことができる。万が一、焦げ付きなどしつこい汚れがある際には金たわしでゴシゴシ擦ってもOK。

 

 
調理したらそのままテーブルへ運び、すぐに食事ができる「COTTO クックボウル」。おうち時間が長くなっている今こそ、シンプルな食生活を楽しんでみてはいかがだろうか。

 
▼あわせて読みたい
料理中に台所が汚れない!お玉置きと鍋敷きになる新アイテム。コンパクト設計ですっきり収納&持ち運びも〇

 

COTTO クックボウル
先行販売価格:2,900円~8,400円(税込)※プロジェクト終了は2021年9月17日(金)予定
サイズ:幅(取手込)21.5×幅20×高さ8cm
重量:640g
容量:0.8L
カラー:ブラック、ライトグレー、マスタード
発送:2021年9月末までに発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/cotto02/URL

 
source: 応援購入サービス「Makuake」URL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す