旅の+one

チョコにたくあん!? ミシュラン二つ星シェフによる驚きの新感覚チョコレートってどんな味?

東京・六本木や有楽町、新宿などに展開するセレクトショップ「エストネーション」では、大阪の名フレンチ「La Cime(ラ シーム)」の高田シェフプロデュースの新感覚スイーツを、2021年1月末から全国で順次販売する。

 
今回登場するのは、上質なカカオに、たくあんや唐辛子など斬新な素材を取り入れた4種類の「La cimeタブレットチョコレート」と、純黒糖と塩クリームを合わせた「Salt roll~ソルトロール~」。

 
味のプロデュースを務めるのは、2016年にミシュランガイドで二つ星を獲得した大阪の高級フレンチ「La cime」の高田裕介シェフだ。

 

 
パリの名店で修業を積み、2010年に同店をオープン。クラシカルなフランス料理を軸に、既存の枠にとらわれないオリジナリティ溢れる料理で人気を博し、2018年には「アジアベストレストラン50」にも選出されている。

 

▲「Dark Chocolate~ナッツ&ドライフルーツ~」2,680円(税別)。

 
ナッツをはじめピスタチオ、イチジク、クコの実、ひまわりの種、栄養素や健康成分を多く含むスーパーフードなど、11種類の食材ををふんだんに敷き詰めた、ヘルシーで色鮮やかなタブレット。カカオ70%のビターな味わいに仕上げている。

 

▲「White Chocolate~ローズ&ベリーズ~」2,680円(税別)。

 

 
ホワイトチョコをベースに、2種類の高級イチゴとフランボワーズをトッピング。ホワイトチョコレートの甘さを引きたてるイチゴの爽やかな酸味、ローズの香りとピンクペッパーの刺激をアクセントに、華やかな1枚に仕上げている。

 

▲「Dark Chocolate~たくあん&エピス~」2,680円(税別)。

 

 
京野菜の聖護院大根を塩漬けにしてフリーズドライ。ベースのダークチョコにはフランス料理で欠かせないミックススパイスのキャトルエピスを練り込み、スパイシーさと甘味を演出。オレンジピールで爽やかな後味を感じさせてくれる。

 

▲「Milk Chocolate~唐辛子&生姜のコンフィ~」2,680円(税別)。

 

 
じっくりとスモークしたナッツと、甘い生姜のコンフィを練り込んだミルクチョコレート。口の中で溶けるほどに、唐辛子の辛味が立ち上がる大人のクランチチョコ。複雑な香りとコクが重なり合う魅惑の味わいに。

 

▲「Salt roll~ソルトロール~」3,000円(税別)。

 

 
奄美諸島の加計呂麻島(かけろまじま)で栽培され「幻のサトウキビ」と呼ばれる太茎種(たいけいしゅ)のみで作る純黒糖を生地に使用。ラム酒シロップを練り込んだ塩クリームを合わせ、濃厚な甘みと豊かな香りを持った大人のロールケーキだ。

 
常識にとらわれない豊かな発想で走り続ける高田氏らしさが詰まった限定チョコレート。その美しい見た目にワクワクが止まらない。

 

La cime タブレットチョコレート/ソルトロール
販売期間:2021年1月22日(金)より順次 
販売店舗:エストネーション六本木ヒルズ店ほか10店舗 ※ソルトロールはエストネーション六本木ヒルズ店のみの取り扱い。各店数量限定。
販売Webサイト:https://la-classe.tokyo/user_data/lacime01.phpURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す