旅の+one

たった4分で一人でも簡単に設置できるテント!軽い&コンパクトなのに広々で大の字で寝られる、大雨もOKの防水性

 
▼あわせて読みたい
雨も虫も入ってこない!車とぴったり連結できるテントなら車中泊が快適に楽しめる

 
1人でキャンプをする「ソロキャンプ」。2020年の流行語大賞にノミネートさたこともあり、2021年も引き続きソロキャンプ人口の増加が予想されている。

 

 
そんなソロキャンプを楽しむ人たちの強い味方、「Featherstoneツーリングテント」の販売が開始された。Featherstoneツーリングテントは、4分で簡単に組み立てることが可能。コンパクトに持ち運びできることに加え、開放感のある作りが特徴で、ソロキャンプ・ツーリング・オートキャンプに適したテントになっている。さっそく、その魅力を紹介する。

 
▼あわせて読みたい
テントが大画面の映画館に早変わりするスクリーン!持ち運べて、オフィスや庭でも映像が楽しめる

 

 
まずは、丈夫ながら、コンパクトで持ち運びが簡単な点だ。レインフライ・グランドシートは、パラシュートにも使われる「ポリエステルリップストップ生地」を採用。耐水圧は3,000mmなので、大雨の時でも安心だ。ポールは、軽くて柔軟性があり、強度も高い「7001アルミ合金」という、航空機材にも使われる素材を採用している。重量は2.27kgで持ち運びも楽だ。

 
▼あわせて読みたい
テントの組み立てに手間取らない!強力磁石でわずか30秒で完成、レジャーや着替えルームに使える注目アイテム

 

 
次に、広さと通気性を両立させた設計だ。成人男性が大の字で寝れるほどの広さに加え、天井のポールによりテントに高さがあり空間を広く使える。また、両面にドアがあるので通気性が高く、テントのどちら側からも出入りができて便利だ。

 

 
そして最後に、芝生やコンクリートなどどこにでも設置可能という点だ。自立式で、組み立てたままテントを持ち運ぶことができ、場所を選ばずテントを張ることができる。

 
コロナ渦においても、自然のなかでリフレッシュしたい。そんな思いを抱いている人は多いだろう。今年のゴールデンウィークは、テント手に自分だけの時間を過ごしてみたい。

 

Featherstoneツーリングテント
メーカー:Featherstone
メーカー希望小売価格:16,300円(税込)
※2021年4月30日(金)まで、割引中により13,800円で販売
重量:2.27kg(付属品含む重量2.72kg)
梱包サイズ:15.6×20.9×43.0cm
商品構成:フライシート、インナーシート、グランドシート、アルミ合金ポール、ペグ×12本、ガイライン×4本、キャリーバッグ
Webサイト:https://www.amazon.co.jp/dp/B085CKJDZNURL

 
source:@PressURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す