旅の+one

富士山や紫陽花の柄が浮かぶ、上質な焚火体験を!アウトドアに大活躍の、大人な焚火台が登場

キャンプなどアウトドアシーンで、風情と炎を同時に楽しめるステンレス製「和柄焚火台」が、応援購入サービス「Makuake」にて販売を開始した。

 

 

 

 
日本の伝統和柄をモチーフにしたパネルは、照明としての焚き火ととても相性がよく、自然のなかでパチパチと音がなり、和柄の陰影が静かに揺れ、落ち着いた時間と空間を演出する。富士山や紫陽花、青海波など精細な和柄は、加工精度が必要で難度が高く、高性能レーザー加工機の性能をフル活用して製造している。

 
一般的に製造コストが高く、鉄よりも加工が難しいステンレス。耐久性、防錆性が高く、水で洗ってそのまま乾かしても錆の発生がほとんど無いのでお手入れも簡単だ。

 
さらに簡単に持ち運べる重量と、熱による変形が少ない厚みや形状のバランスを試行錯誤し、ステンレスの厚さは3mm。組み立て式となっており、メインのパネル2枚を組み合わせて、3つのパーツを差し込んで固定するだけ。使用しない時はパーツを重ねて纏めることで厚さ約2cm以下に。省スペースなので、車やバイクでのソロキャンプにも持ち運ぶことができ、さまざまなアウトドアシーンで活躍してくれる。

 
日本の風情を感じながら、揺らめく炎を前にちょっと贅沢な時間を過ごしたい。

 

和柄焚火台
メインパネルのサイズ:横250mm×縦330mm×厚さ3mm
パーツ全体の重量:約2.5kg(柄によって誤差あり)
Webサイト:https://www.makuake.com/project/shimanogiko/URL

 
source:応援購入サービス「Makuake」URL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す