旅の+one

世界初の本格的スパークリング清酒。フランスの国際日本酒コンテストで最高賞を受賞!

1886年創業、群馬県の老舗酒蔵・永井酒造が造る、世界初となる製法による本格的なスパークリング清酒「MIZUBASHO PURE」が、フランス国内のトップソムリエたちが厳正な審査を行う国際日本酒コンテスト「Kura Master 2020」のサケ・スパークリング部門で、最高賞である審査員賞を受賞した。

 

▲出典:永井酒造株式会社URL

 
「Kura Master」はフランスのトップソムリエたちがブラインドで厳正審査を行う国際日本酒コンテスト。パリでの本審査会では、4名のMOF(フランス国家最優秀職人章)ソムリエを含む、トップソムリエやワインジャーナリストら51名が審査を実施。MIZUBASHO PUREは、永井酒造の悲願であったサケ・スパークリング部門最高賞である審査員賞を射止めた。

 

 
MIZUBASHO PUREは、山田錦を100%使用し、世界初となる伝統的な日本酒製法に瓶内2次発酵を取り入れた、本格的なスパークリング清酒。いずれ劣らぬグルマンでもある世界のトップシェフをして「初めての食感」と驚嘆させた逸品。

 
チェリーやライチの香味を持ち、シルキーな泡が妖精のように料理を包みこむ。構想から10年、数百回にも及ぶ試行錯誤の末、2008年、米の可能性と魅力を極限まで引き出すことで完成した。

 
審査員長であり、パリの5つ星ホテル「ホテル・クリヨン」のシェフソムリエのグザビエ氏は、「シルバーの色合いが多く、厚めの泡のラインが見られます。非常に細かい、繊細な泡で、シャンパーニュのような外観で驚きます。香りは素晴らしく複雑で、このawa酒(あわさけ)※の印象深さと複雑性を感じます。味わいは繊細、そして大変エレガントでヨーロッパ人の好みにも合うawa酒と言えます」と絶賛した。
※awa酒:醸造中の自然発酵により炭酸ガスを有するスパークリング日本酒

 

 
「商品開発から17年、スパークリング部門最高賞を受賞し、格別な想いです」と、永井酒造・永井則吉社長。世界初の瓶内2次発酵、透明で5気圧を越える本格的なスパークリング清酒を目指し、商品開発を2003年にスタート。約700回のトライ&エラーを繰り返し、その間、フランス・シャンパーニュ地方に研修に赴くなど努力を重ね、2008年、伝統的なシャンパン製法と伝統的な日本酒製法を融合した、MIZUBASHO PUREがついに完成。正にフランス文化と日本文化が結集されたハイブリッド酒といえるだろう。

 
「誕生以来、毎年の目標に掲げているのは前年のMIZUBASHO PUREを超え、進化を続けること。改革なき酒づくりに未来はないと自分たちに言い聞かせております。今後も更なる上の賞を目指して社員一同全力を尽くして参ります。応援頂いた全ての人に感謝申し上げます!本当にありがとうございました」と受賞の感激を語った。

 

 
今年で4年目となる本大会で永井酒造は、「MIZUBASHO PURE」の受賞に加え、5部門において以下の賞を受賞した。

 
◆サケ・スパークリング部門 プラチナ賞受賞、Kura Master審査員賞受賞「MIZUBASHO PURE」

 
◆純米大吟醸酒部門 プラチナ賞受賞「水芭蕉 純米大吟醸プレミアム」
究極の純米大吟醸を目指し、最高のスペックで醸し上げる逸品。永年伝承してきた技と水と米のハーモニーを楽しめる。華やかな香りはライチやパッションフルーツを思わせ、エレガントな味わいが特徴。

 
◆純米酒部門 金賞受賞「水芭蕉 純米吟醸」
契約栽培米山田錦の米の旨味が凝縮した逸品。様々な料理の味を引き立てながら包み込んでいく。ワイングラスで冷やして楽しみたい。

 
◆純米大吟醸酒部門 金賞受賞「水芭蕉 純米大吟醸」
契約栽培米山田錦を100%使用し、尾瀬の自然と風土のうまみが優雅に重なりあう。冷やしてワイングラスなどでフルーティな香味を楽しみたい。

 
◆山田錦部門 金賞受賞「水芭蕉 純米大吟醸 翠」
水芭蕉の花が最も連想される味わい。柔らかで優しい白桃や洋ナシのような香味は、飲む人の心を包み込んでいく。

 

 
今回の歴史的な受賞を記念し、永井酒造では日本国内のより多くの方に受賞酒の味を知ってほしいと考え、「Kura Master受賞酒5本セット」を300セット限定で12月3日(木)より販売開始した。

 
年末年始での帰省ができない方々も多い今、水芭蕉の飲み比べをしながら、オンラインでの飲み会や忘年会を楽しんでみるのもいいだろう。

 

永井酒造株式会社「Kura Master受賞酒5本セット」
価格:5,000円(税別) ※300セット限定
Webサイト:http://www.nagai-sake.co.jp/URL

 
永井酒造では、12月21日(月)より、Kura Master受賞酒5本セットが当たる、「Kura Master受賞酒5本セット」年末年始プレゼントキャンペーンも実施している。

 

永井酒造株式会社

1886年創業。群馬県最北部、利根川の源流域に位置する川場村にて、初代永井庄治がこの地の水に出合い酒造りを始めた。「この地の自然に敬意と感謝を持ち、自然美を表現する綺麗な酒を造る事」を哲学とし、最新鋭の設備と伝統的な技の融合で、美しい酒を醸している。
Webサイト:http://www.nagai-sake.co.jp/URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す