旅の+one

「フランク ミュラー」が日本専用オンラインブティックを開設!店舗では買えない限定ウォッチや日本の工芸品も登場

天才的な時計作りの才能を発揮し、世界中を席巻するフランク・ミュラー氏が手掛ける、1992年創設のスイスの高級機械式時計メーカー「FRANCK MULLER(フランク ミュラー)」。ついに日本国内専用のオンラインブティック「FRANCK MULLER e Boutique」がオープンした。

 

 
オンラインブティック「FRANCK MULLER e Boutique」では、通常の店舗では取り扱わない厳選された時計などの宝飾品や、伝統工芸品が限定販売される。

 
今回登場するのは、高度な技術力と先進のテクノロジーを駆使した時計「ヴァンガード 7デイズ パワーリザーブ スケルトン“グリーン”」と、三重県四日市市の伝統工芸品「萬古焼(ばんこやき)」だ。

 

▲ヴァンガード 7デイズ パワーリザーブ スケルトン“グリーン” 4,730,000円(税込)/出典:FRANCK MULLERURL

 
約7日間の長時間駆動を可能にした究極の手巻き式腕時計シリーズ「ヴァンガード 7デイズ パワーリザーブ スケルトン」のグリーンは、シリーズ初のカラーリング。フランク・ミュラーの腕時計にカラーダイアル(色付きで仕上げられた文字盤)は存在するものの、全体の数%でしか作られていない貴重なモデルとなり、なかでもグリーンは特に珍しい彩色となっている。

 

▲BANKO(Kaki,Kashizara,Kyusu,Yunomi)各99,000円~(税込)/出典:FRANCK MULLERURL

 
時計のほかに、日本の伝統工芸品「萬古焼」とコラボレーションした花器や茶器、菓子皿、急須、湯呑みなどをラインナップした「BANKO」も見逃せない。

 
三重県四日市市の「萬古焼」の名家、“醉月窯(すいげつがま)”にて作られた、最高技術が織りなす工芸品に、金彩や銀彩、そしてフランク ミュラーを象徴とするダイナミックな数字のデザインが融合することで、日本の伝統文化に新たな光を当てている。

 
いずれもオンラインブティックでしか手に入らない逸品。時のあり方を提案し続けてきたフランク ミュラーの腕時計で、優雅で落ち着きのある旅を、至高の工芸品で豊かなひと時を過ごしたい。

 

FRANCK MULLER e Boutique
Webサイト:https://www.franckmuller-eboutique.jpURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す