旅の+one

都会のビルの屋上で焚き火ができるグランピング!準備の必要なしで、非日常の贅沢な時間を

 
▼あわせて読みたい
グランピングの持ち物を解説|快適さと楽しみが倍増するものは?

 
横浜の中心からほど近い場所に、気軽に都市型グランピングが楽しめる、屋上プライベートガーデン「BEANSTALK(ビーンストーク)」が誕生した。

 
国内外のバックパッカー向けのゲストハウス「ヨコハマホステルヴィレッジ」の屋上にグランピングテントを設置し、2021年5月よりオープンする。

 

 
「アウトドアを楽しみたいけど、準備する時間がない」といった忙しい方、初心者や女性だけでも楽しめるよう、準備はすべて整っているので安心だ。コロナ禍でも楽しめるよう、各テント間の区画が区切られた、プライベート空間となっている。

 
▼あわせて読みたい
絶景・富士山の大パノラマと貸切露天風呂で極上の“大人のグランピング”。快適な空間で贅沢ステイ

 

 
屋上ガーデンでの過ごし方は自由。ハンモックに揺られながら読書をしたり、ゆらめく焚き火の炎を眺めながら語ったり。食材を持ち込んでのバーベキューや、キャンプ飯にチャレンジするのもいいだろう。また、グランピングテントは、エアコン、冷蔵庫が設置されているので、快適に過ごせるのもうれしい。

 
屋上のプライベートガーデンには、2種類のグランピングテントが用意されているので紹介しよう。

 

▲緑あふれる森の中をイメージ。

 
1つ目は緑あふれる森の中をイメージしたスペース。ナチュラルな雰囲気で統一され、都心の屋上にいながら自然を感じることができる。

 

▲ヨーロッパの移動民族をイメージ。

 
2つ目は、ヨーロッパの移動民族をイメージした部屋。カラフルなラグやクッションが、エキゾチックな雰囲気を盛り立てる。外国にいるような気分に浸れるだろう。

 
利用するには「ヨコハマホステルヴィレッジ」との宿泊セットが基本だが、屋上のプライベートガーデンのみの利用も可能だ。1テント最大8名(10:00~21:00)まで利用することができる。

 
▼あわせて読みたい
直径10mの大型ドームテントで、ゆったり贅沢な宿泊を!淡路島初、ご当地食材を味わうグランピング施設がオープン

 

 
準備は食材だけ。都市型の屋上のプライベートガーデンでのグランピングで、気軽に癒しの休日を叶えてよう。

 

ヨコハマホステルヴィレッジ
住所:神奈川県横浜市中区松影町3-11-2三和ビル1階(JR石川町駅より徒歩5分)
Webサイト:https://glamp-yokohama.hostelvillage.comURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

山形の春を満喫!芭蕉ゆかりの地・山寺など名刹巡りと、さくらんぼ&美食の旅

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す