旅の+one

都内でサウナ後の水風呂は川にダイブ!1日1組限定のサウナ小屋は、焚き火も仕事できる特別空間

 
▼あわせて読みたい
サウナ内で曇らず、130度の熱にも耐える専用メガネが登場!近視のサウナーもスッキリ視界で満喫できる

 
都心のオフィスの空間をプロデュースするデザイン会社「トレイルヘッズ」が運営する、東京都檜原(ひのはら)村にある会員制キャンプ場「HINOKO TOKYO」に、新たに小屋サウナが完成。2021年4月1日(木)より会員限定の利用をスタートする。

 

 
都心から車で1時間半ほどの距離にある都内唯一の村・檜原村は、村の約9割が森に囲まれ、東京都は思えない四季折々の大自然を満喫できる場所。2018年に「トレイルヘッズ」がこの地に会員制キャンプ場「HINOKO TOKYO」をオープンした。1サイト1組限定で、森の香りと川の瀬音に包まれたプライベートスペースでゆったりとしたアウトドアライフを楽しめる。

 
▼あわせて読みたい
新感覚、アートとサウナを同時に体験!チームラボが仕掛ける画期的な“ととのう”展覧会とは?

 

 
サウナ小屋「HINOKO SAUNA」は、自らの手で火を起こしてサウナで温まり、汗を流したらクールダウンで秋川渓谷の川に飛び込む。体を冷ました後は広々としたウッドデッキで焚き火を囲み、ゆったり過ごす時間を提供してくれる。

 
▼あわせて読みたい
富士山を一望するサウナ小屋が誕生!1日1組限定、自ら薪を焚いて“ととのう”特別体験を

 

 
地元檜原村の杉やヒノキを使い、外壁の焼杉は会員やスタッフの手で作り上げた「HINOKO SAUNA」。至れり尽くせりの環境ではなく、利用者と一緒に作り上げることで、思い入れをもって大切に使ってもらいたいということをねらいとしている。

 
「HINOKO TOKYO」では、キャンプとサウナに加え、ワークスペースを整備中。仕事仲間とのオフサイトMTGやデスクワークも可能になる。“働くこと”“遊ぶこと”“暮らすこと”が融合した、新しいアウトドアスタイルの選択肢になりそうだ。

 

HINOKO SAUNA
住所:東京都西多摩郡檜原村下元郷44
利用形態:1日1組限定
料金:
 平日 宿泊10,000円/日帰り10,000円
 土日祝 宿泊20,000円/日帰り15,000円(各税別) ※ハイシーズンは一律20%アップ
チェックイン/アウト:15:00/11:00
日帰り:12:00~18:00
※「HINOKO SAUNA」の利用は会員登録が必要
入会金:10,000円(税別) ※「HINOKO TOKYO」のステッカーとオリジナル手ぬぐい付き
入会方法:「HINOKO TOKYO」会員の紹介、または会員募集イベントへの参加 ※会員募集イベントは4月以降複数開催予定
Webサイト:https://hinoko.jp/saunaURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

山形の春を満喫!芭蕉ゆかりの地・山寺など名刹巡りと、さくらんぼ&美食の旅

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す