旅の+one

家が隠れ家居酒屋になる!10段階の温度調整ができる錫製の酒器で、熱燗でも冷酒でも楽しめる

 
▼あわせて読みたい
全国6つの酒蔵の日本酒をブレンドしたらどんな味!?蔵から蔵へとリレー方式でつなぎ共同開発

 

 
能作製の錫酒器とペルチェ素子を採用した冷温機を融合した新しい日本酒機「hiyakan(ひやかん)」が、クラウドファンディングサイト「GREENFUNDING」にて予約販売をスタートした。

 
▼あわせて読みたい
函館で約100年続く酒店の革命!北海道の名水と酒米を贅沢に使った、「淡麗旨口」な日本酒が登場

 

 
hiyakanは「能作の酒器」と「冷温機」によりプロが作る極上の日本酒体験を自宅で味わうことができる酒器だ。10℃~55℃までの温度変化を実現するペルチェ素子という半導体素子を採用し、加熱と冷却の両方を実現。

 
▼あわせて読みたい
新感覚、日本酒×ワインの融合「ライスワイン」が上陸!フランスの老舗ワイナリーの挑戦に注目

 

 
さらに、世界に誇る鋳造技術の伝道者である「能作」協力のもと、日本酒の美味しさを引き出す錫器を製作した。錫という金属は「優れた熱伝導性」、「優れた抗菌作用・高いイオン効果」をもち、古くから「錫の器に入れた水は腐らない」、「お酒の雑味が抜けてまろやかになる」などといわれ、酒器や茶器などに用いられてきた。

 

 

 
現在、GREEN FUNDINGでの掲載を記念して、金箔の酒器も限定販売中。蔵元・土屋酒造店へ別注した「hiyakan特別仕込み 亀の海 純米吟醸」もリターン特別品としてご用意。また、東京・二子玉川の「蔦屋家電1階 蔦屋家電+(プラス)」にて、hiyakan初めての実機展示も行っている。

 
販売期間は2021年4月22日(木)~2021年7月20日(火)まで。おうち時間で本格的な日本酒体験を楽しめるhiyakan。ぜひお見逃しなく。

 

hiyakan
Webサイト:https://greenfunding.jp/lab/projects/4675URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す