旅の+one

テーブル代わりにもなる焚き火台!お洒落な円形フォルム、お湯を沸かしたり料理の保温・温めもできる

 
▼あわせて読みたい
炭も薪もいらない!丸ごと燃料にも着火剤にもなり、防災・非常時にも役立つ環境にやさしいアイテム

 
日本の職人が作る、焚き火を楽しむためのこだわりの道具を扱う「TAKIBISM(タキビズム)」から、小さく美しい炎をコンセプトに作られた焚き火台「JIKABI(ジカビ)」シリーズの最新作「JIKABI Standard M(ジカビ スタンダード エム)」が登場。東京・表参道、神奈川・鎌倉、京都のUPI直営店と、オフィシャルオンラインストアにて、2021年7月9日(金)より販売を開始する。

 

 
「JIKABI Standard M」は、直火に近い高さで足元の暖かさを追求したユニークな円形フォルムの焚き火台。焚き火をしながら、外周部分にやかんを置いてお湯を作ったり、石を熱したり、湿った薪を乾かしたりするなども可能だ。

 
▼あわせて読みたい
ただはめるだけ!一瞬で組み立てられる2パーツでできた焚き火台。A4サイズで持ち運びもラク

 

▲出典:「UPIオンラインストア」URL

 
「JIKABI Standard M」は、ステンレス製でサビに強く頑丈。耐久性にも優れている。プレス加工により量産化を実現し、コストパフォーマンスも向上している。脚を外せば薄くコンパクトに収納することもできる。

 
▼あわせて読みたい
これ一台で焚き火・かまど調理ができて、七厘にもなる!3WAYコンロは組み立て簡単で、持ち運びも◎

 

 

 
別売りの専用蓋(4,400円・税込)は、「JIKABI Standard M」にぴったりフィットするサイズ感。上から被せれば空気を遮断して消火も可能。また食器を置くテーブル代わりになったり、市販のカメラ用の三脚を取り付ければ台としても使用できる。「JIKABI Standard M」があれば、直火だからこそできるまっすぐな炎の美しさを実感することができるだろう。

 

JIKABI Standard M(ジカビ スタンダード エム)
価格:16,500円(税込)
サイズ:直径(約)400×70mm(パンの直径270mm、取り外し可能)
重量:約1,150g
素材:ステンレス製
販売場所:表参道、鎌倉、京都の直営店、オフィシャルオンラインストアにて2021年7月9日(金)より販売開始予定
Webサイト:https://store.upioutdoor.com/products/takibism-real-firestand-jikabi-standardmURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す