旅の+one

世界遺産・宮島で絶景を独り占め。半露天温泉付客室から瀬戸内海を望む大人の贅沢旅

世界文化遺産の島、広島県・宮島に佇む老舗温泉旅館「錦水館(きんすいかん)」。今年、創業109年目を迎える老舗旅館が、時代や需要の変化に伴い、“半露天温泉付き”の客室へリニューアル改装を行うことを決定した。

 

 
「半露天温泉付特別室」へリニューアルするのは、ワンランク上の滞在を楽しめる客室「オトナの休日」全6室のうち、3室。元々カウンターがあった場所に、ゆったりと手足を伸ばせる広さの贅沢な半露天温泉(準天然温泉)を設置する。湯船に浸かりながら瀬戸内海を眺めれば、疲れた体が芯からじんわりとほぐれていくだろう。

 

 
「錦水館」にはほかにも、窓から瀬戸内海を望む開放的な空間が人気の「海風」や、2~3世帯で寛げる広々としたスイートルームなど、ニーズに合わせて選べる8タイプの客室が用意されている。

 

 
「半露天温泉付特別室」は、2021年2月25日(木)から宿泊可能。特別室なだけあり、客室内にはマッサージチェアや加湿空気清浄機、美顔器、珈琲マシンなどの設備のほか、スペシャルコスメ、ウエルカムフルーツ、スパークリングワインも用意されるなど、充実のサービス内容となっている。

 
瀬戸内海の心地よい潮風を感じながら、ゆったりと手足を伸ばして寛げる半露天温泉。準天然の「光明神々温泉」のやわらかなお湯に心癒やされる、贅沢な時間を過ごしたい。

 

錦水館
電話:0829-44-2131(受付時間 9:00~21:00)
住所:広島県廿日市市宮島町1133
Webサイト:https://kinsuikan.jp/index.htmlURL

 
source:PR TIMES URL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す