旅の+one

室内で燻製しても煙たくならない!繰り返し使える“段ボール製キット”は折り畳みでき、冬キャンプにも◎

 
▼あわせて読みたい
マヨラー必見!低温でじっくり燻し、旨味が凝縮された「冷燻マヨネーズ」がすごい

 
カーアウトドアブランド「yadocari」は、家の中でも外でも手軽に燻製が楽しめる「燻製Tent」の先行販売を、応援購入サービス「Makuake」にて2021年12月20日(月)までの期間限定で開始した。

 

 
「燻製Tent」は「届いた瞬間から燻製が楽しめるキット」をコンセプトに、家でも外でも楽しめる燻製機として開発された。ピラミッド型で頂上に向かって燻煙を排出する構造になっているので、食材に効率よく、しっかりと香りづけができるのが特長だ。

 

 
燻煙はピラミッドの頂点から排出されるので、キッチンのレンジフードから効率的に煙を排出させることが可能に。部屋の中に燻煙が広がりにくい工夫が施されている。

 
▼あわせて読みたい
手のひらサイズの電池式燻製器がすごい!たった2分でもくもくの煙で、本格スモーク料理が完成

 

 
「燻製Tent」は網を2段に設置可能。一度に2~4人分程度の食材を一気に燻製にすることができる。

 

 
セットには、燻製する食材と着火道具以外のすべてが含まれる。余計な手間がいらず、届いたその時から燻製の準備ができる。

 

 
組み立て方は簡単。ダンボールに折り目がついているので、折り目通りに組み立てていけば、すぐに完成する。使用している段ボールは、緑茶飲料の製造時に排出される「国産茶葉100%の茶殻」を配合。茶殻に含まれる有効成分により、抗菌効果があり、緑茶の自然な風合いを楽しめる。繰り返し使えるのはもちろん、いらなくなったら折り畳んで、簡単に捨てることができる。

 
▼あわせて読みたい
バーベキュー食材のおすすめ!定番・変わり種・ごほうび一覧リスト

 

 
普段食べている食材を燻すことで、本来の食材の味に香りづけを行い、別の味わいを醸してくれる燻製。アウトドアなら煙を気にせず楽しめるが、屋内では排煙の問題もあり難しかった。そんな悩みを解決した「燻製Tent」。場所を選ばず燻製ができるので、その日の気分でいろんな食材を燻して新しい味わいを発見してみたい。

 

燻製Tent
先行販売価格:1,500円~6,600円(税込)※プロジェクト終了は2021年12月20日(月)予定
スモークウッド:さくら、クルミ、りんご
発送:2022年1月末までに発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/yadocari02URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す