旅の+one

煙が立たない、自動で回転する焼きムラなしのグリル。周囲と差がつく本格バウムクーヘンやシュラスコをアウトドアで

 
▼あわせて読みたい
グランピングに行くとき、これさえあれば大丈夫!持っていくべきアイテム一挙紹介

 
アウトドアブランドの「LOGOS(ロゴス)」は、屋外でバウムクーヘンやシュラスコを、炭火で簡単に手作りできる「くるくるクッキングリル」を発売した。本体中心にセットした調理バーに生地をかけて焼く工程を繰り返すと、バウムクーヘンを作ることができるほか、シュラスコや鶏の丸焼き、ローストビーフ、魚焼きなども楽しめる。

 

 
「くるくるクッキングリル」は、調理バーが自動でくるくると回転するため、手が疲れることがなく、焼きムラのないバウムクーヘンが作ることができるアイテム。

 
▼あわせて読みたい
もう網の交換は不要!全自動で回転するBBQコンロなら肉が焦げず、おうちBBQやアウトドアに必須

 

 
付属のスキュアを使うと調理バーに肉の塊を固定できるので、シュラスコや鶏の丸焼き、ローストビーフも作れるほか、別売りの「炭火サンマ焼き器」と組み合わせると、サンマなどの魚やイカを焼くこともできて、幅広い料理に挑戦することができる。

 

 
「くるくるクッキングリル」は、燃えるものがなく、炭が落下したり高温になってもよい地面上で使用可能。別売りの「ピラミッドTAKIBI」および「ピラミッド篝火」のM、L、XLサイズや、「たき火ステンテーブル」などの耐熱テーブルを設置台として利用することもできる。たき火台の上に設置すれば、落下した炭や灰を受けてくれ、地面を汚さず掃除が楽になるので、同時使用がおすすめだ。

 
▼あわせて読みたい
“着る虫よけ”でもう蚊に刺されない!メッシュ素材で蒸れず、夏のアウトドアにピッタリ

 

 
パーツが簡単に分解可能でコンパクトに収納できる「くるくるクッキングリル」。収納バッグ付きなので、車に手軽に詰め込め、駐車場からキャンプサイトへの持ち運びも楽だ。

 
調理バーが自動で回転することでさまざまな料理を作ることができるうえ、調理中に煙が立たない「くるくるクッキングリル」。ついついバーベキューの繰り返しになってしまいがちなアウトドアクッキングだが、これ1台あれば料理の幅がぐっと広がり、作る過程も楽しめる。子どもから大人まで、つい調理に夢中になってしまいそうだ。

 

くるくるクッキングリル
価格:20,790円(税込)
サイズ:約幅56.5×奥行52×高さ27.5cm
本体部サイズ:幅30×奥行32.5×高さ27cm
調理有効長:約20cm
チャコラック内寸:約幅30×奥行4×高さ14cm
収納サイズ:約幅39×奥行27×高さ14cm
総重量:約3.0kg
Webサイト:https://www.logos.ne.jp/products/info/5011URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す