旅の+one

憧れの“京町家”でワーケーション! 一棟貸しで3密回避、暮らすように京文化を満喫しよう

京都市にある「宿ルKYOTO HANARE」は、京町家をリノベーションした和モダンな一棟貸しの宿。市内には趣の異なる8棟の町家が用意されているが、すべて1日1組限定の一棟貸しのため、3密を防ぐことができ、実はワーケーションにも適した環境となっている。

 

 
Wi-Fiが完備されているのはもちろんのこと、ベッドルームとリビングルームは別々のため、オンとオフをしっかり分けて仕事に集中することができる。キッチンも完備され、食器、カトラリー、充実しているので自炊調理も可能だ。

 
それでは、個性豊かな「宿ルKYOTO HANARE」の宿泊施設を一部、紹介する。

 

▲「宿ルKYOTO HANARE 和紙ノ宿」。築104年の京町家に、京都北部の綾部地方に伝わる「黒谷和紙」を、至るところに使用されている。

 

▲「宿ルKYOTO HANARE 鏡ノ宿」。黒い板の間に、窓の外の庭が反射する神秘的な世界で過ごすことができる。

 

▲「宿ルKYOTO HANARE 奏ノ宿」。床を掘り込んだリビングは人が集まり語らう場に。離れの浴室では檜風呂に入りながら、庭を眺めることができる。

 

▲「宿ルKYOTO HANARE 壬ノ宿」。70年以上前に建てられた京町家に、入り口から庭まで水が流れているような設え。青壁も印象的だ。

 

▲「宿ルKYOTO HANARE 縁側ノ宿」。部屋中央の縁側はまるでどこまでも続く道のよう。縁側に座り、庭を眺めてほっと一息を。

 

 
各施設のキッチンには、ネスプレッソのコーヒーマシンポットをはじめ、バルミューダのトースター、電子ケトルも。洗濯機、洗剤、柔軟剤、パジャマやタオルといったリネン類も用意されているので、長期滞在も安心だ。

 

▲AWOMB(アウーム)の夕食例。<上>手織り寿し 箱3,500円(税サ込)、<下>頬張り寿し 肉2,200円(税サ込)。※宿泊代別

 
もちろん、京都の魅力を再発見できる料理もオーダーできる。手織り寿しの「AWOMB(アウーム)」などの食事を宿に運んでくれるので、外に出る必要もない。

 
京町家ならではの伝統的な家屋でありながら、モダンにリノベーションされているので、快適性も抜群。美味しいコーヒーを飲み、自炊するのもよし、京料理に舌鼓をうつのもよし。日常を贅沢に過ごしてみてはいかがだろう。

 

宿ルKYOTO HANARE
料金:30,000円〜(税サ込)
※現在、大阪府、兵庫県、奈良県、滋賀県、三重県、和歌山県在住者限定で通常料金より20%割引、さらに京都府民の方は通常料金より25%割引。
※宿泊時期により費用が変動。
TEL:03-4510-8671
Webサイト:https://yadoru.meURL

 
source:@PressURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す