旅の+one

火吹き棒・火バサミ・フック・灰かき、全部できる多機能薪バサミ。キャンプや焚き火にこれさえあればOK

 
▼あわせて読みたい
燃えない、切れない、傷まない!アウトドア手袋は消防士と同素材で耐久性抜群。物をつかみやすく利便性◎

 
「見ているだけで癒やされる」と人気の焚き火をもっと楽しめる多機能薪バサミ「炎群 homura」が登場。このアイテム一つで火吹き棒・火バサミ・フック・灰かきが可能に。応援購入サービス「Makuake」にて2021年5月30日(日)まで販売中だ。

 

 
できるだけ荷物を減らしたいアウトドアで活躍する機能を完備。火吹き棒として、狙ったところに空気を送ることができる。灰の舞い上がりを防ぎながら、火種を付けたり、火力を上げられるため、よりスムーズに焚き火をスタートできる。

 

 
先端に大きなギザギザを施しているため、太い薪から細かな枝までしっかり掴む火バサミとしても大活躍。約54cmと少し長く設計したことで、椅子に座りながら火の調整が可能となった。先端部を使って叩くことで、炭化した薪を簡単に割ることもできる。

 

 
オプションのフックを使うと、ダッチオーブンの持ち手を引っ掛けて移動させたり、蓋の開閉などが可能になる。また。オプションの灰かきを装着すると、キャンプ用の小型ピザ窯や、小型の薪ストーブなどでも活躍する。

 
▼あわせて読みたい
火力が強いのに煙が出ないグリル。家の中でも、ベランダBBQも問題なし!オーブン、コンロにもなる万能アイテム

 

 
品質も折り紙付きだ。金属加工専門職人が一つ一つ丁寧に手曲げ加工して製造。永く愛してほしいという職人の想いが詰まっている。

 

 
今回はグリップの異なる3種類を用意。ヒノキタイプのグリップには、20年に一度行われる伊勢神宮の式年遷宮で御用材としても使われている「東濃ヒノキ」を使用。小林ロクロ工芸の木地師(木工ロクロ職人)が手作業で、ロクロ引き製造している。ウレタン塗装を施し、シンプルながら木目が引き立つように仕上げた。

 

 
天然塗料の漆・赤漆を使用したタイプは使い込むと味が深まり、経年変化を楽しむことができる。3種類のなかから好みのグリップを選んでほしい。焚き火をより快適にするこのアイテムがアウトドアライフをアップデートしてくれるだろう。

 
▼あわせて読みたい
“着る虫よけ”でもう蚊に刺されない!メッシュ素材で蒸れず、夏のアウトドアにピッタリ

 

多機能薪バサミ「炎群 homura」
先行販売価格:ヒノキタイプ6,930円~、漆/赤漆タイプ9,680円~(送料・税込)※プロジェクト終了は2021年5月30日(日)予定
サイズ:約54cm
重量:約0.5kg
発送:2021年7月末発送予定
販売Webサイト:https://www.makuake.com /project/lgasia-homura/URL

 
source:@PressURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す