旅の+one

洗濯機で丸洗いできるリバーシブル寝袋でキャンプ後もラクラク!軽くて暖かく、連結すればダブルサイズにも

 
▼あわせて読みたい
遮光率100%、UVカット率99.9%で強い日差しも完全ブロックするテント。風にも強く、暑い季節のアウトドアにぴったり

 
家族が楽しめるキャンプやBBQの製品やウエアを展開・発信する総合アウトドアブランド「LOGOS(ロゴス)」は、洗濯機で丸洗い可能なお手入れ簡単のシュラフ「丸洗い寝袋」シリーズを販売中だ。

 

 
「丸洗い寝袋」は、名前のとおり、大型の洗濯機で丸洗いができるため、簡単なお手入れで寝袋を清潔に保つことができる。また、表素材と肌面素材には「モイスポリ」を使用することで通気性能を調整するほか、中綿には中空繊維で温かい空気を逃さない「ダイナチューブファイバー」を採用し、保温性を高めるとともに軽量化を実現している。

 

▲同品番のアイテムと簡単連結可能。

 

▲出し入れしやすい大きめの収納袋付き。

 
「丸洗い寝袋」は、同じ品番のアイテム同士が連結できるため、Wサイズになり親子での添い寝にもぴったり。すべてのアイテムに、出し入れしやすい大きめサイズの収納袋付きで、持ち運びにも便利だ。

 
▼あわせて読みたい
都会のビルの屋上で焚き火ができるグランピング!準備の必要なしで、非日常の贅沢な時間を

 

▲丸洗い寝袋 リバーシブル・10(LOGOS LAND)。

 
「丸洗い寝袋 リバーシブル・10(LOGOS LAND)」は、適正温度が10℃までのシュラフ。ネイティブ柄と鮮やかなオレンジのリバーシブルデザインで、気分や好みに合わせて使い分けが可能だ。表素材と肌面素材に使用した「モイスポリ」は、通気性能を調整するため、快適に使用できる。

 

丸洗い寝袋 リバーシブル・10(LOGOS LAND)
価格:オープン価格
総重量:(約)1.5kg
適正温度目安:(約)10℃まで
適合胸囲:(約)102cmまで
サイズ:(約)幅80×奥行190cm
収納サイズ:(約)直径22×高さ44cm
Webサイト:https://www.logos.ne.jp/products/info/5178URL

 

▲丸洗い寝袋 リバーシブル・5(ダークグリーンナバホ)。

 
「丸洗い寝袋 リバーシブル・5(ダークグリーンナバホ)」は、ダークグリーンナバホ柄とシンプルなカラーのリバーシブルで、適正温度が5℃までのシュラフ。

 

丸洗い寝袋 リバーシブル・5(ダークグリーンナバホ)
価格:オープン価格
総重量:(約)1.7kg
適正温度目安:(約)5℃まで
適合胸囲:(約)102cmまで
サイズ:(約)幅80×奥行190cm
収納サイズ:(約)直径23.5×高さ39.5cm
Webサイト:https://www.logos.ne.jp/products/info/5180URL

 
▼あわせて読みたい
厚さがわずか2.5cmになる多機能BBQコンロ。焼き加減の調節OK、焚き火もできるキャンプ必需品

 

▲丸洗い寝袋 ドリームジャック・5。

 
「丸洗い寝袋 ドリームジャック・5」は、適正温度5℃まで対応の、シンプルなデザインのシュラフ。肌面に「サーマブレスクロス」を採用することで、コットンに勝る心地よい肌触りを実現しつつ、水に強いうえ、優れた通気性も確保されている。

 

丸洗い寝袋 ドリームジャック・5
価格:オープン価格
総重量:(約)1.6kg
適正温度目安:(約)5℃まで
適合胸囲:(約)102cmまで
サイズ:(約)幅80×奥行190cm
収納サイズ:(約)直径24.5×高さ39.5cm
Webサイト:https://www.logos.ne.jp/products/info/5181URL

 

▲丸洗い寝袋 スリープジャック・2。

 
「丸洗い寝袋 スリープジャック・2」は、サイドにメイプルのカモフラ柄をあしらったデザインのシュラフ。適正温度2℃まで対応するので、春から秋にかけて長いシーズン使用できる。

 

丸洗い寝袋 スリープジャック・2
価格:オープン価格
総重量:(約)2.1kg
適正温度目安:(約)2℃まで
適合胸囲:(約)102cmまで
サイズ:(約)幅80×奥行190cm
収納サイズ:(約)直径25×高さ44cm
Webサイト:https://www.logos.ne.jp/products/info/5182URL

 
キャンプの必需品である寝袋だが、作業が大変なことからついつい手入れを怠ってしまいがちで、あとで後悔することも。「丸洗い寝袋」シリーズなら、使ったあとは大型洗濯機に放り込めばきれいになり、次に出かけても快適なキャンプが楽しめる。また、連結が可能なので、小さな子どもを連れたファミリーキャンプにはうってつけ。キャンプへ出かける機会がますます増えそうな便利アイテムだ。

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す