旅の+one

無垢オークを使ったタンブラーで極上おうちウイスキー体験!豊かな香りと深い味わいに変化

ウイスキーの本場であるイギリス製の贅沢すぎるタンブラー「MijMojオークタンブラー」の先行販売が、クラウドファンディング「Makuake」にて開始した。2021年2月27日(土)まで申込可能だ。

 

 
ウイスキーやワインの熟成樽に使用される木材「オーク」のなかから、タンニンやポリフェノール類が豊富な「スパニッシュオーク」を使用。短期間で風味や味わいに変化をもたらすため、タンブラーとしても適している。

 
樽熟成前のウイスキーは無色透明で刺激が強いが、オークのタンニンやポリフェノールが独特の風味を付与し、味に深みと複雑さをもたらす。このタンブラーを使うことで、熟成感を強調し、甘くて重みのあるフルーティーさが生まれるという。

 

 
タンブラーに注いで3分ほどでウイスキーの香りが高まる。樽と違い、ウイスキーがオークに触れる面積が大きく、短時間で効果を感じられるのが特長だ。

 
タンブラー自体がオークなので、飲み口からもダイレクトにオークの香りを感じることができるのも魅力。飲み進めながら、風味の変化も楽しめ、自分好みの「樽熟成」が楽しめる。

 
高品質なタンブラーを作り上げるうえで重要なのは、木工製品専門メーカーの目利きと熟練の加工技術。長持ちする厳選したオークのみを使用し、一つ一つ、熟練の職人が手間暇かけて磨き上げた一点ものだ。

 

 
ガラスや鉄と比べて断熱性が高く、手の熱が中身に影響しにくいこと、結露しにくいこと、割れる心配がないこともポイント。

 
木製のタンブラーは塗装がされていることがほとんどだが、MijMojオークタンブラーは無塗装という点もうれしい。付属の蜜蝋クリームで手入れすることで、見た目も味わいも変化する。手をかけ、変化を楽しめるのも無垢のオークならでは。

 

 
「オークそのものでウイスキーを味わう」という、ウイスキー好きにはたまらない逸品で、おうち時間も充実しそうだ。

 

オークウッドタンブラー
価格:11,000円(税込)
サイズ:H80×W70×L70mm
容量:100mL
重量:約125g
付属品:メンテナンス用蜜蝋クリーム(15mL)
プロジェクト期間:2021年2月27日(土)18:00まで受付中
販売Webサイト:https://www.makuake.com/project/oak_tumblerURL

 
source:@PressURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す