旅の+one

プリンスホテル発のラグジュアリーホテルがバンコクに。日本のおもてなしを詰め込んだ「The Prince Akatoki」

タイの政治・経済・文化の中心地として成長を続けるバンコクに、プリンスホテル発の海外ラグジュアリーブランドホテルの3号店「The Prince Akatoki Riverside Bangkok(ザ・プリンス・アカトキ・リバーサイド・バンコク)」が、2021年度の冬以降に誕生する。

 

 
大都市ならではの活気と仏教色のある厳かな空気が混在するバンコクは、日系企業が多く、欧州圏からの旅行者も多い。市内を流れるチャオプラヤー川沿いには多くの高級ホテルが立ち並んでいる。日々賑わいをみせるリバーサイドエリアの一角に開業するのが「The Prince Akatoki」だ。

 
「The Prince Akatoki」は、世界中のラグジュアリー層をターゲットに、随所に和のデザインを盛り込んだ、日本テイスト溢れるホテル。ホテル名に冠した“Akatoki”は「暁(あかつき)」の古形で、万葉集などにも使われた「明時(あかとき=夜が明ける前の時間)」を表している。

 

 
255室の客室のほか、レストランやバー、フィットネスジム、スパ、プールに加え、会議室やクラブラウンジも完備。レジャーからビジネスユースまで幅広く対応できる設備が自慢。バンコク有数の金融街「シーロム」や、人気の観光スポット「ワット・プラケオ」などにもほど近く、観光拠点としても大いに活用できるだろう。

 

 
日本の文化的要素をふんだんに盛り込んだ「The Prince Akatoki」は、日本のプリンスホテルと、オーストラリアに本社を構えるステイウェルによるラグジュアリーブランド。ビジネス・レジャーの両面から東南アジアのハブとして発展を続ける国際都市で、日本ならではの“おもてなし”を満喫できる。

 
タイの経済・文化の中心地に登場するラグジュアリーホテルは、ビジネス客・レジャー客すべてのゲストが心から寛げる空間になるだろう。

 

The Prince Akatoki Riverside Bangkok
住所:68 Charoen Krung Rd, Khwang, Bang Rak, Bangkok 10500
部屋:255室
アクセス:BTSシーロム線 Saphan Taksin(サパーンタクシン)駅より徒歩約10分

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す