旅の+one

いつでもキンキンに冷えた飲み物が飲める!クラファンで大人気だったステンレスボトルが発売

 
▼あわせて読みたい
女子旅の必須!持ち物リスト|旅先で後悔させない便利グッズも

 
生活関連用品の企画・開発・販売を行う「ドウシシャ」は、飲み物の温度を氷点下にするステンレスボトル「ON℃ZONE(オンドゾーン)氷点下ボトル」を2021年3月中旬から、全国の量販店やドウシシャの直販サイト「ドウシシャマルシェ」などを通じて発売する。

 

 
「氷点下ボトル」は、応援購入サービス「Makuake」にて先行販売すると、1,202名が応援購入。目標金額を大きく上回る結果を残す大好評のプロジェクトとなった。

 
「ドウシシャ」は2017年、飲み物の温度を保つだけではなく変化させるブランド「ON℃ZONE」を立ち上げ、これまでに飲み物の温度を氷点下に下げるフリージングタンブラーやフリージングジョッキを開発。シリーズ累計販売本数42万本を販売している。

 
今回、新たに外で作業する人やスポーツをする人に向けて、外でも氷点下の飲み物を飲め、体の内部から体を冷やす「ON℃ZONE氷点下ボトル」のプロジェクトを「Makuake」で開始。2021年1月20日(水)~2月5日(金)の16日間で1,202名の応援購入と、目標金額に対して2012%の結果を残し、「Makuake」内での水筒、ステンレスボトルのカテゴリで応援購入総額歴代3位を記録した。

 
▼あわせて読みたい
“お弁当が傾かない”エコバッグ登場!畳まずに収納OK、大きさが変幻自在でお買い物をもっと快適に

 

 
「ON℃ZONE氷点下ボトル」は、真空断熱構造と冷却剤を、ステンレス3枚で挟み込んだステンレス3層構造。冷却剤で飲み物の温度を下げ、キンキンに冷えた飲み物の温度を逃がさずそのまま保つことができる。単に飲み物を保冷するだけでなく、温度を下げられる秘密がここにある。

 
▼あわせて読みたい
国内旅行の持ち物チェックリスト|これからの旅に必要な物はコレ!

 

 
使用の際は、「ON℃ZONE氷点下ボトル」を前もって冷凍庫で凍らせておき、そこに飲み物を入れるとわずか60秒で氷点下まで下降。氷点下になった後は、7時間後も氷点下をキープ(保冷専用)できる。

 

 
「ON℃ZONE氷点下ボトル」におすすめの飲料は、スポーツドリンク、水、アイスコーヒー、お茶、アイスティーなど。普段飲みなれた飲料の冷却、保冷にぴったりだ。飲み口が70mmと広いため、飲み物を入れやすく、使用後の洗浄もしやすくなっている。
※使用してはいけないもの:ドライアイス、牛乳・乳製品・果汁など、炭酸水、茶葉・果肉など、アルコール

 
これからも人の多い場所でのマスクの着用は、夏場に向けても当分必要になるだろう。マスクは熱気がこもりやすく、いつもの夏以上に水分の補給に気を配りたいもの。また、エコの観点からもマイボトルは今や必須アイテムといえる。そんな中に登場した「ON℃ZONE氷点下ボトル」。通常の保冷ボトル以上の爽快感を味わえ、手放せない存在になりそうだ。

 

ON℃ZONE(オンドゾーン)氷点下ボトル
型番:OZFB400/OZFB555
価格:OZFB400 3,850円/OZFB555 4,400円(各税込)
カラー: ゴールド、シルバー、ホワイト、オリーブグリーン、ブラック
サイズ: OZFB400 (約)φ80×高さ190mm 口径70mm/OZFB555 (約)φ80×高さ240mm 口径70 mm
容量:OZFB400 (約)400ml/OZFB555 (約)555ml
販売Webサイト:https://www.doshisha-marche.jp/SHOP/352467/352468/list.htmlURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

山形の春を満喫!芭蕉ゆかりの地・山寺など名刹巡りと、さくらんぼ&美食の旅

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す