旅の+one

AI搭載の”枕”でぐっすり眠れる!寝姿勢にあわせて自動調整する“ハンモック構造”で首や頭にフィット

 
▼あわせて読みたい
睡眠中に枕の高さが自動で変わる!スッキリ寝起きで首・肩が痛くならない。寝返りしても適度な高さで頭を支える

 

 
最先端の技術を駆使して、睡眠の質を向上させる製品やサービスの開発に取り組む、Ax Robotix株式会社。今回、AI・IoT・Robotの技術を搭載しスマホアプリから形状を調整可能な全く新しい枕「Pixx」を発表した。早速、その特徴を紹介する。

 
まずは、独自のハンモック構造による驚異のフィット感だ。布生地のテンションを自在に操ることで、高さだけでなく顔のうなずき角度や首アーチのフィットを細やかに調整。0mm~150mmの超ワイドレンジ変形で横寝メインの方に対してもピッタリの枕を作り上げてくれる。

 

 
さらに、向こう側が透けて見えるほどの通気メッシュ構造で、頭部を効率よく冷却し入眠をスムーズに促してくれる。季節にあわせた生地を開発し、秋冬であっても快適な温度調整で寝ることができるバージョンも今後提供予定だという。

 
▼あわせて読みたい
ダラけたい人必見!あらゆる姿勢にフィットする枕クッションは、体の負担を和らげ極上のリラックス状態に

 
次に、オートフィット機能だ。Pixxにはモータが搭載され、寝始めてから朝起きるまでの間、睡眠をサポートするために枕が自動で動く。従来の枕では仰向け寝か横寝のいずれかに特化して、寝返りを打つとどちらかが寝苦しくなる現象が起きていたが、オートフィット機能により寝返りを打った後の体勢に合わせて枕が変形することが可能になった。

 

 
最後に、IoTクラウドプラットフォーム「Ax Base」の活用だ。従来、枕は使い始めたらヘタって劣化していくのみだったが、ロボット枕Pixxは使うほどデータが蓄積され、それが分析されることでよりあなたにあった枕へと進化していく。

 
また、IoTの仕組みによりユーザーが増えるほど沢山の睡眠データが集まり、ユーザーは常に最新の研究に基づきPixxをアップデートし続けることができる。

 
▼あわせて読みたい
ズボラな人専用!テーブルが合体したクッションなら、寝っ転がったまま仕事ができる。裏返せば枕にも

 
今までの枕とは全く異なる体験の“動く枕”。2021年10月末まで「b8ta」の店舗にて体験展示中。また、同期間クラウドファンディング「GreenFunding」でも予約購入可能だ。

 

Pixx
体験展示展示・予約販売募集期間:2021年10月31日(日)まで
クラウドファンディング「GreenFunding」:https://greenfunding.jp/lab/projects/5217?utm_medium=GREENFUNDING&utm_source=PortalURL
b8ta:https://b8ta.jp/URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す