旅の+one

2021年のコーヒーはじめは、これで決まり!国際的品評会1位の希少豆を猿田彦珈琲で

コーヒー好きから熱い支持を得るスペシャルティコーヒー専門店・猿田彦珈琲は、エチオピアで初めて開催されたスペシャルティコーヒー国際品評会「エチオピア カップ オブ エクセレンス 2020」にて1位を受賞したコーヒー豆を、単独落札した。

 

 
その記念企画として、同コーヒー豆を使ったドリップコーヒーとエスプレッソドリンク2種類を「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」にて、また同コーヒー豆を「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」と「猿田彦珈琲オンラインショップ」にて、2021年1月1日(金)より販売する。

 
代表的なコーヒー生産国の一つであるエチオピアにて、2020年に初開催されたコーヒー豆の国際品評会「エチオピア カップ オブ エクセレンス 2020」。世界中のコーヒー業界関係者から高い関心が寄せられるなか、最高品質のコーヒーとして1位を受賞したコーヒー豆が、「エチオヒピア カップ オブ エクセレンス 2020 1位 ニグセ・ゲメタダ・ムデ」だ。この希少なコーヒー豆を、猿田彦珈琲は単独落札するという快挙を成し遂げた。

 

 
上の写真は、「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」で提供される「エチオピア Cup of Excellence 2020 優勝 ニグセ・ゲメタダ・ムデ」ドリップコーヒー。カップでの1杯分の提供と、サーバーの約2杯分での提供の2種類のメニューを用意している。

 
ジャスミンの華やかな香りと共に、パイナップルや白桃のような複雑な味わいと、煌びやかに続く甘い後味が特徴だ。また、コーヒーの温度帯の変化により、味わいが変化していくのもニグセ・ゲメタダ・ムデならではだ。

 

 
「エチオピア Cup of Excellence 2020 優勝 ニグセ・ゲメタダ・ムデ」カプチーノ&エスプレッソは、エスプレッソ シングルショットとカプチーノ(ショートサイズ)をセットで提供。

 
エスプレッソはラベンダーのような素晴らしいアロマと濃密な口当たりが楽しめる。また、エスプレッソにスチームミルクを加えたカプチーノは、カシスやダージリンのような味わいにジャスミンの香りも合わさり、複雑なハーモニーを感じることができる。エスプレッソの抽出は、高品質の希少なコーヒー豆にふさわしい風味を最大限引き出すため、熟練のスタッフが担当する。

 
コーヒー豆は、「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」、「猿田彦珈琲オンラインショップ」にて、「エチオピア Cup of Excellence 2020 優勝 ニグセ・ゲメタダ・ムデ」コーヒー豆として販売。焙煎は中煎りとなる。

 

▲出典:猿田彦珈琲URL

 
猿田彦珈琲では、今回の「エチオピア カップ オブ エクセレンス 2020」において、そのほかにもコロンビア産の1位を受賞したコーヒー豆も単独落札。また、イエメン産スペシャルティコーヒーのプライベートオークション「イエメン コーヒー オークション 2020」においても、1位受賞のコーヒー豆を単独で落札した。

 
今後、これらの高品質で希少なコーヒーを、店舗限定・特別価格で提供する予定とのこと。コーヒー好きにとって、2021年も猿田彦珈琲の動向は要チェックだ。

 

エチオピア Cup of Excellence 2020 1位 単独落札記念企画
販売期間:2021年1月1日(金)8:00~1月31日(日)
 
【ドリンク】
◆エチオピア Cup of Excellence 2020 優勝 ニグセ・ゲメタダ・ムデ ドリップコーヒー
使用豆:ニグセ・ゲメタダ・ムデ中煎り
価格:1,350円(税抜)/1杯分、2,000円(税抜)/2杯分(サーバーで提供)
 
◆エチオピア Cup of Excellence 2020 優勝 ニグセ・ゲメタダ・ムデ エスプレッソ/カプチーノ
使用豆:ニグセ・ゲメタダ・ムデ中煎り
価格:2,000円(税抜)
エスプレッソ シングルショット1杯とカプチーノ(ショートサイズ)をセットで提供
 
【コーヒー豆】
◆エチオピア Cup of Excellence 2020 優勝 ニグセ・ゲメタダ・ムデ 中煎り
価格:4,700円/60g(税抜)
販売店舗:猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店、猿田彦珈琲オンラインショップ
※やむを得ない事情により、一部内容に変更がある場合あり

 

猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店
住所:東京都渋谷区神宮前1-18-20 原宿駅2階
営業時間:8:00~22:00(フードL.O.21:30)
定休日:不定休

 
猿田彦珈琲オンラインショップ
https://shop.sarutahiko.co/URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す