旅の+one

“世界に一つだけ”の電動ボードが作れる!自分の体型にあわせてオーダーメイド。軽量でも高強度、公道も走れる

 
▼あわせて読みたい
チェーンがないのに、坂道を自動検知してスイスイ進む電動自転車。裾の巻き込みの心配もなく、簡単に折りたたみ可能

 
シリコンバレーのベンチャー企業「AREVO」は、日本の公道を走れるユニボディカーボンファイバーフレームを採用した世界初のオーダーメイド電動ボード「Scotsman(スコッツマン)」の先行販売を、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて開始した。

 

▲出典:「Scotsman」日本語サイトURL

 
「Scotsman」は、オーダーした人の体型にあわせてカーボンファイバーで3Dプリント。そのフレームは鉄の61倍の比強度をもつ、連続カーボンファイバー複合素材で作られている。専用サイトから体型情報やライディングスタイル、利用目的、ボディカラーを入力することで、自分好みのカスタマイズが可能だ。

 

 

▲出典:「Scotsman」日本語サイトURL

 
次世代のカーボン複合材(熱可塑性材料)を使用している「Scotsman」。軽量でありながらも、高い耐衝撃性を備えている。なお、ハンドルバーからベースボードまでフレーム全体がカーボン複合材で作られており、接合部がなく強度を高めると同時に美しいボディラインを実現した。

 
▼あわせて読みたい
ガタガタの砂利道も、勾配25度の坂道もOKの電動キックボード。ライト付きで夜も使え、折り畳んで持ち運び可能

 

▲出典:「Scotsman」日本語サイトURL

 
「Scotsman」は、スマートフォンのアプリを使用することでユーザーとの距離によって自動でロック・解除を行う「スマートキー機能」、スマートフォンで設定した目的地まで案内してくれる「カーナビ機能」、盗難にあってしまった際にもGPS機能によって「Scotsman」の場所が特定できる「GPS盗難防止機能」を搭載している。

 

▲出典:「Scotsman」日本語サイトURL

 
モーターは前後輪合計で500ワット、1000ワット、2000ワットの3パターンの出力から選択が可能。2つの独立したバッテリーベイを搭載しているので、走行距離に合わせてバッテリーを追加することもできる。さらに取り外したバッテリーはパソコンやスマートフォンを充電するモバイルバッテリーとしても使用可能だ。

 

▲出典:「Scotsman」日本語サイトURL

 
「Scotsman」は、初期段階から日本で原付一種としての走行が可能になるよう、日本人の専門家の監修のもと設計。有償の公道仕様オプション(299ドル/約32,569円)を追加することによって、公道走行が可能になる。

 
▼あわせて読みたい
公道もOKな小回り抜群の電動キックスクーター。ちょい乗りからアウトドアまで大活躍、折り畳んで持ち運びも

 

▲出典:「Scotsman」日本語サイトURL

 
現代プロダクトの最先端をいく3Dプリンターでしか実現できない独自の曲線美を描く「Scotsman」。街乗り用に十分な走行性能を備え、しかも自分好みのカスタマイズが可能。オンリーワンのキックボードで颯爽と走れば、街をゆく多くの人の視線を集めることだろう。

 

Scotsman(スコッツマン)500
先行販売価格:1,399ドル/約153,669円※プロジェクト終了は2021年6月26日(土)予定
重量:18kg
出力:2×250W
最高速度:30km/h
航続距離:113km
登坂角度:30%
発送:2021年12月頃発送予定
※日本の公道を走るには、有償の日本仕様オプションを追加し、原付一種としてナンバー登録、自賠責保険加入、普通自動車免許または原動機付自転車免許が必要。

 

Scotsman(スコッツマン)1000
先行販売価格:1,599ドル/約175,637円※プロジェクト終了は2021年6月26日(土)予定
重量:18kg
出力:2×500W
最高速度:50km/h
航続距離:113km
登坂角度:35%
発送:2021年12月頃発送予定
※日本の公道を走るには、有償の日本仕様オプションを追加し、原付一種としてナンバー登録、自賠責保険加入、普通自動車免許または原動機付自転車免許が必要。

 

Scotsman(スコッツマン)2000
先行販売価格:1,999ドル/約219,574円※プロジェクト終了は2021年6月26日(土)予定
重量:20kg
出力:2×1000W
最高速度:73km/h
航続距離:113km
登坂角度:50%
発送:2021年12月頃発送予定
※日本の公道を走るには、有償の日本仕様オプションを追加し、原付一種としてナンバー登録、自賠責保険加入、普通自動車免許または原動機付自転車免許が必要。
Webサイト:https://scotsman.me/jp/iggURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す