旅の+one

約100年前の洋館を改装した上海初「蔦屋書店」が開店。長場雄らクリエイターの限定品も

上海初の蔦屋書店「上海上生新所 蔦屋書店」が、12月24日にオープンした。中国では2店目となる蔦屋書店が立地するのは、発展著しい上海において約100年の歴史をもつ“上生新所”(英名「Columbia Circle(コロンビアサークル)」)。

 

 
駐在米国人の社交場として使われていた洋館「Columbia Country Club」(コロンビアカントリークラブ)を当時の内装を残しながら改装し、蔦屋書店として開業した。1924年エリオットハザードによって設計されたこの建物は、上海市の優秀歴史建築にも選ばれている。

 
当時のまま残る建物のなかで、次の100年の基礎を作ることをめざし、クラシックとモダン、時間と空間の融合を体験できるような空間設計に加え、感性を育む「美育」をコンセプトとして上海でもっとも感性が育まれる場所を目指すという。

 
オープンを記念した、日本のクリエイターとのコラボレーションも話題だ。イベントスペースでは、名和晃平氏による彫刻シリーズ「Particle」を、彼の作品集・METAMORPHOSISに収録されたビジュアルイメージとともに紹介。

 

 
また、今回が中国初進出となるイラストレーター・アーティストの長場雄氏のアパレルやグッズも展開。上海をイメージして書き下ろした2種類トートバッグも限定販売している。

 

 
店内には、日本で一番古い歴史をもつ、手作り茶筒の老舗「開化堂」や、着物の価値に再注目し、日本人による手作りの「Tomorrow Fabric」など、日本の伝統工芸品を中心に上海の「蔦屋書店」でしか購入できない限定商品もそろえる。

 

 
店内は、「欲しくなるライフスタイル」をコンセプトにつくられている。1階は「知性を身に付ける」をテーマとした売り場。当時のままの暖炉と柱を見せるように、その歴史と寄り添い調和する空間を展開している。

 
また、2階はその対比として、「美意識を磨く」ためのコンテンポラリーな空間を展開。心地よい緑溢れる自然環境のなかにある1階のテラスはカフェ席として、広場を眺めながら過ごせる2階のテラスはバーラウンジとして利用できる。

 

 
アートに関する東西南北の書籍を集めたアートストリートや、その本自体がアートであるBIG BOOK、新しいアートとの出合いを演出するギャラリースペース、アートといっても過言ではない職人手作りの工芸作品などを通して、上海において感性を育んでいく「美育」の体験拠点として、ここでしか体験できない価値を常に提供し続ける。

 
そのほか、アーティストや作家、編集者のトークショーや握手会、絵本の読み聞かせや体験型ワークショップなど、リアルな店舗だからこそ楽しめるイベントも開催予定。

 
日本でも人気の蔦屋書店だが、中国でも新たなクリエイティブやライフスタイルの発信地として、多くの人に愛される場所となるだろう。上海に旅行の際には、日本との違いを感じながら、ショッピングを楽しみたい。

 

上海上生新所 蔦屋書店
住所:上海市長寧区延安西路1262号 上生・新所7棟
時間:BOOK 10:00~23:00 / CAFÉ 10:00~23:00 / BAR&DINING 11:00~24:00
定休日:なし ※予告なく変更になる場合がございます

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す