旅の+one

レザーなのに、濡れてもOK!雨の日も着られる“耐水革”ライダースジャケット。着心地抜群で、お手入れも簡単

 
▼あわせて読みたい
パンツもアウターも帽子も滑らずかかる究極のハンガー。“すき間”がどんな大きさのアイテムにも対応

 
ファッションブランド「London denim」は、約一年をかけて完成させた「耐水革」を使用した耐水ラムレザージャケット「SAFE IN THE RAIN」の先行販売を、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて2021年10月4日(月)までの期間限定で開始した。

 

 
「SAFE IN THE RAIN」は、パキスタンの農家で自然に放牧されて育ち、エシカルかつサステナブルに生産された高級ラムレザーを使用。生産パートナーと試行錯誤を重ね、一年の月日をかけて革新的な本革の撥水仕上げを完成させた。

 

▲出典:クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」URL

 
本革のデメリットは水に弱いこと。雨に当たるとシミができ、濡れたまま放置すると白いカビが発生して、手入れも大変になる。そんな湿気を嫌う革の持つデメリットをメリットにするために、経験と知識がある技術者を招き、耐水レザーを完成させたという。

 
▼あわせて読みたい
火の粉が飛んでもOK!2時間で乾いて縮まない難熱・速乾のTシャツなら、BBQや焚き火の楽しさが倍増

 

 
今回の開発にあたって、耐水本革(青)と普通の本革ジャケット(グレー)で、同量の水を溜めてどれぐらい浸水するのかテストを敢行。テストは6時間にわたって行われたが、「SAFE IN THE RAIN」に使用される耐水本革は裏地にも浸透しなかった。

 

 

 
今回は、ダブルライダースとシングルライダース、それぞれ2色(ブラック・ネイビー)が用意されている。

 
▼あわせて読みたい
食べ過ぎても大丈夫!どんな服もウエストがスウェットのように楽になるベルト。着脱が瞬時にでき、洗濯可能

 

 
今回使用した「ナパラムレザー」は、柔らかく、耐久性があり、伸縮性もあるためアクティブな動きを要求されるライダースジャケットにぴったりの素材。しかも、時間が経てば経つほど味が出てきて、経年変化を楽しむことができる。そのうえ、耐水加工で雨が気にならず、メンテナンスも楽な「SAFE IN THE RAIN」。バイクファンだけでなく、男女を問わずタウンユースにもぴったりな一着だ。

 

SAFE IN THE RAIN
先行販売価格:19,920円~29,880円(税込)※プロジェクト終了は2021年10月4日(月)予定
発送:2022年1月頃発送予定
Webサイト:https://camp-fire.jp/projects/view/350896URL

 
source:@PressURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す