旅の+one

今週末に家族と行きたい紅葉スポット!約500本のカエデがライトアップ、期間限定「紅葉見ナイト」が開催中

 
▼あわせて読みたい
国内旅行の持ち物15の必須チェックリスト|後悔しない旅準備

 
埼玉県のほぼ中央に位置し、東京ドーム65個分もの広さを誇る国営武蔵丘陵森林公園。首都圏では珍しい約20種類・約500本のカエデのライトアップとアートイルミネーションがコラボレーションした「紅葉見ナイト(もみじみないと)」が期間限定で開催される。今年は平日限定で、2021年11月15日(月)~19日(金)、22日(月)、24日(水)~26日(金)を予定。

 

 
国営武蔵丘陵森林公園はとりわけカエデの種類が豊富で、品種数は約20種ほど。赤・黄・オレンジ、ピンクと色とりどりの紅葉が、ライトアップと約55万球のイルミネーションによって、昼間とは異なる錦秋の景観になる。

 
▼あわせて読みたい
旅に便利な持ち物20選|荷物を少なく快適に、旅に役立つグッズ紹介

 

 
「紅葉見ナイト(もみじみないと)」の期間中は、見るだけではなく、参加して楽しめるアートイルミネーションも楽しむことができる。園内に隠れている“森の妖精モーリー”のキャラクターを、物語に沿って探す本公園の人気イベント「モーリーのフィールドラリー」が、期間中は「メイプルひめがやってくる」をテーマに開催される予定だ。

 

 
また、期間限定で「メープルカフェ」がオープンし、メープルソースを使った温かいドリンクや「スモークチキンレッグ」などの軽食、見た目も楽しい「光るわたあめ」などが販売される。

 

 
紅葉の見頃のピークは11月20日頃の見込みとのこと。夜間開園は平日限定となるが、土日祝日には日中の紅葉観賞もおすすめだ。

 

 
国営武蔵丘陵森林公園内には、全長約17kmの「サイクリングコース」や、日本一大きなエアートランポリン「ぽんぽこマウンテン」など、アクティビティも多数ある。日中は紅葉とレジャーで一日を満喫するのもいいだろう。

 
▼あわせて読みたい
旅行パッキングの極意|荷物を減らすコツやスーツケース内の仕分けを解説

 

紅葉見ナイト(もみじみないと)
日時:2021年11月15日(月)~19日(金)、22日(月)、24日(水)~26日(金)※雨天中止 ※夜間開園は平日のみ
時間:16:30~20:00 ※最終入園19:30
会場:国営武蔵丘陵森林公園 中央口エリア(中央口~植物園まで)
住所:埼玉県比企郡滑川町山田1920
WEBサイト:https://www.shinrinkoen.jp/URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す