旅の+one

当選倍率123倍!世界レベルの星空に包まれる一夜限定のレストランで、地産地消のスペシャルなコース料理を味わう

 
▼あわせて読みたい
絶景・富士山の大パノラマと貸切露天風呂で極上の“大人のグランピング”。快適な空間で贅沢ステイ

 
星空版の世界遺産と称される「星空保護区・コミュニティ部門」のアジア初の認定を目指す、岡山県井原市美星町(びせいちょう)の星空の下、井原産食材を味わうイベント「星降るレストラン」を、2021年3月13日(土)に一夜限りで開催。50名の定員に対し、6162名の応募があり、123倍の当選倍率で選ばれた50名が、井原市の特産品であるデニムや食材といったおもてなしを体験した。

 

 
「星降るレストラン」は“美しい星空と食を通じて、井原市の豊富な農産物、特産物、伝統文化などの地域資源の魅力を体感してほしい”という想いを込めて、井原市外の人を対象にして開催。

 
イベントは、岡山県の備中地方の郷土芸能で重要無形民俗文化財に指定されている「備中神楽」で幕を開ける。だんだんと暗くなるにつれて会場が神秘的な雰囲気に包まれる中、新型コロナウイルス終息の願いも込めて先払いを行う舞である「猿田彦命の舞」を披露した。

 
▼あわせて読みたい
全長2,300m、満点の星&皆既月食を空中散歩でナイトクルージング。デジタルアートとの競演に感動

 

 

 
「備中神楽」が終わった後は、レストランがスタート。美星町で「喜楽別亭」の店を構える川上直哉シェフと、「IBARA DENIM HOTELS 舞鶴楼」で料理長を務める原田努シェフの2名がタッグを組み、「鯛のカルパッチョ 美星産の苺のソース添え」や「明治ごんぼうのスープ」など、井原産食材を使った彩り鮮やかな特別なコースメニューを提供した。

 
▼あわせて読みたい
富士山を独り占めできるグランピングで運気アップ!?手ぶらOK、1日1グループ限定の高級グランピング施設がオープン

 

 
会場の装飾の至るところに、世界の有名ブランドにも使われる名産のデニム生地「井原デニム」を採用。市内で井原デニム雑貨店を営む「おのはなこ商店」に、イベント限定のコースターの制作を依頼。デニム生地で、テーブルナプキンやシェフ・サービススタッフのエプロンなど、随所に井原デニムを使用した演出を行った。

 

 
きらめく星空を見上げながら幻想的で非日常な雰囲気を演出してくれる一夜限りのレストラン。ロマンチックな食事が楽しめる特別な晩餐の次回に期待したい。

 

星降るレストラン
会場:中世夢が原 武士の屋敷の庭
Webサイト:https://ibara-starry-sky-restaurant.comURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す