旅の+one

煙も炎も最小限、肉が焦げ付かない炭火グリル!面倒な組み立ては無し。ステンレス製でお手入れ簡単&サビ知らず

 
▼あわせて読みたい
面倒な組み立ては不要!蓋付き鉄板でBBQもスープもできる卓上グリル。炭でも固形燃料でも、さまざまな熱源に対応

 
遠赤外線で食材の中からも熱を通す、 少炎・少煙グリル「SUMI BE BOX(スミビボックス)」が、応援購入サービス「Makuake」にて、2021年7月23日(金)までの期間限定で先行予約を開始した。

 

 
「SUMI BE BOX(スミビボックス)」を開発したのが、香川県に位置する株式会社ライズエンジニアリング。造船、配管施工、溶接のモノづくりを行ってきた同社が、2018年にアウトドアブランド「THE IRON FIELD GEAR(ジ アイアン フィールド ギア)」を設立、すでに焚き火台や焚き火手袋などを発売し話題を呼んでいる。

 

 
早速、新作の 少炎・少煙グリル「SUMI BE BOX(スミビボックス)」の特徴を紹介していこう。

 

 
炭火でのバーベキューは、とにかく煙が目にしみるものだが「SUMI BE BOX」は、少炎・少煙設計。グリルプレートの下にある防炎カバーによって、グリルの網目から落ちた油や水分など、直接炭に落ちることを防いでくれる。

 
▼あわせて読みたい
火力が強いのに煙が出ないグリル。家の中でも、ベランダBBQも問題なし!オーブン、コンロにもなる万能アイテム

 

 
遠赤外線効果で食材の中から火を通すグリルプレートも見逃せない。2.8mm厚の鉄板に遠赤外線放射材としても優秀なホーロー加工を施したグリルプレートのおかげで、お肉が焦げ付かずじっくり中から焼くことがでる。「お肉の表面だけが丸焦げ」なんてこともなくなるだろう。

 

 
持ち運びもラクラク。箱型のオールインワン設計で、パーツがバラける心配もなし。防汚性も考えた専用収納ケースが付属されている。

 

 
「SUMI BE BOX」の素材はグリル以外はオールステンレス製。水洗いが可能でサビ知らずなのも心強い。

 
香川県鉄工所発の、鉄を知り尽くしたプロ集団が手掛ける「SUMI BE BOX(スミビボックス)」。美味しいお肉を焼きたいグルメなキャンパーにおすすめだ。

 
▼あわせて読みたい
もう網の交換は不要!全自動で回転するBBQコンロなら肉が焦げず、おうちBBQやアウトドアに必須

 

SUMI BE BOX
期間:5月22日(土)~7月23日(金)※6月20日までの決済完了で早期発送予定
実行者:株式会社ライズエンジニアリング
ブランド名:THE IRON FIELD GEAR(ジ アイアン フィールド ギア)
Webサイト:https://www.makuake.com/project/sumibeboxURL

 
source:PR TIMESURL
 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す