旅の+one

もう鍵を閉め忘れない!アプリで施解錠可能なスマートロックは、開閉記録を閲覧でき遠隔操作もOK。設置もワンタッチで簡単

 
▼あわせて読みたい
車の鍵はもういらない!手持ちの鍵が、スマホから施錠・解錠可能に。アプリでオートドアになり、鍵の共有もできる

 
家のあらゆるシーンをシンプルなデバイスでスマート化するブランド「SwitchBot」が、さまざまなタイプのドアに工事不要で設置することができる後付型スマートロック「SwitchBot ロック」の予約販売をスタートした。

 

 
「SwitchBot ロック」は、ワンタッチで賃貸物件の扉にも設置できるスマートロック。アプリケーションを操作するだけで、6つの解施錠方法が使用可能だ。指定時間内に自動で施錠もできるので、外出時のカギの締め忘れも防ぐことができる。

 

▲出典:AmazonURL

 
「SwitchBot ハブミニ」と併用することで、製品の拡張性が一気にアップ。「Amazon Alexa」や「Google Home」、「Siri」などの音声コマンドを使ってドアも解錠できる。遠隔操作も可能なので、家族がカギを忘れてしまったときや、友だちが家に訪れたときにも役に立つ。

 
▼あわせて読みたい
指輪一つでキャッシュレス決済!話題の”ウェアラブルリング”ならスマホも財布も不要で、オートチャージもできる

 

▲出典:AmazonURL

 
「SwitchBot ハブミニ」とSwitchBotシリーズ製品と一緒に使えば、帰宅時に解錠した瞬間にテレビやエアコン、照明などのスイッチを自動でオン。低消費電力設計で1日10回解錠した場合でも約180日使用可能で、ロック本体は約14年間使うことができる。

 
▼あわせて読みたい
外出先から玄関先の訪問者と会話ができる!防犯カメラ付きドアホンなら、再配達依頼も不審者の映像チェックも可能

 

▲出典:AmazonURL

 
アプリでカギの開閉記録を閲覧できて、ドアの状態がいつでも検知できる「SwitchBot ロック」。カギの持ち歩きも不要で、防犯対策にも優れているスマートロックがあれば、普段の生活をより快適にしてくれそうだ。

 

SwitchBot ロック
価格:9,980円(税込)
サイズ:111.6×59×73.2mm
重量:253g
使用寿命:最大5万回の回転(1回の回転:時計回り180度+反時計回り180度)
電池寿命:最大180日(1日10回の解錠施錠による実験結果)
カラー:ブラック
Webサイト:https://www.amazon.co.jp/dp/B09KCHLWH4URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す