旅の+one

月間1万個売れる「台湾メロンパン」はバターを挟んだ罪深い味!期間限定で原宿に登場

大阪・吉祥寺・西荻窪で月間1万個を販売し、話題沸騰中の「台湾メロンパン」が、2021年2月20日(土)までの期間限定で原宿にオープンした。

 

 
「台湾メロンパン」は、焼きたてメロンパンの優しい甘さと、厚切りバターのコクと塩気があわさった、甘じょっぱい美味しさが人気の秘密。菠蘿油(ボーローヨー)と呼ばれ、台湾屋台街の定番メニューとなっている。

 
「原宿Food Factory」は、「生クリーム専門店」や「カルボナーラ専門店」、「生タピオカ専門店モッチャム」など人気の専門店が集まったセレクトショップ。今回はそのラインナップに期間限定で登場する。

 

▲「台湾メロンパン(台湾菠蘿麺包)」380円(税抜)。

 
定番商品の「台湾メロンパン」は、ザクザク・ガリガリ食感のメロンパンに、ジュワッととろけるバターが挟まった罪深い味。

 

▲「台湾チーズメロンパン」450円(税抜)。

 
定番の台湾メロンパンに濃厚なチーズを挟んだのが「台湾チーズメロンパン」。誰もが好きなメロンパンに、バターとチーズが組み合わさるなんて、まさに夢のようなコラボレーションだ。

 
子どもの頃の夢を実現したような台湾メロンパンを食べに、原宿までぜひ足を運んでほしい。

 

原宿Food Factory
住所:東京都渋谷区神宮前3-25-18 THE SHARE1F
電話:03-5772-8858
営業時間:11:00~20:00(時短要請により20時閉店)
台湾メロンパン販売期間:2021年2月3日(水)~2月20日(土)

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す