旅の+one

車の鍵はもういらない!手持ちの鍵が、スマホから施錠・解錠可能に。アプリでオートドアになり、鍵の共有もできる

 
▼あわせて読みたい
取り付けわずか30分で夜間運転も安心!前後ドライブレコーダー・バックカメラ・デジタルミラーになる1台3役

 
愛車のスマートキーを簡単に安全・便利なデジタルキーに変える、次世代キー「THE CUP(ザ・カップ)」が応援購入サービス「Makuake」に登場。2021年11月29日(月)までの期間限定で先行販売中だ。

 

 
デジタルキーとは、従来の物理的な鍵ではなく、スマホの中のデジタルデータを使用して正しい利用者を認証し、鍵の施錠・解錠を行う仕組み。現在、一部の最新型車には採用が始まっているが、まだまだ普及率が低い。また、オプション設定がある場合も、アップグレードはかなりの高額となる。

 

 
ところが、「THE CUP」は「スマートキー」と「ボタン式始動機能」が適用された車なら、どの車でも「デジタルキー機能」を手軽な価格で使え、しかも充電しながら持続的に利用が可能。車自体に備え付け等の作業をする必要はなく、「THE CUP」の中にスマートキーを入れるだけで、届いたその日から使用できる。

 

 
使い方は、まず、「THE CUP」の内部にスマートキーを入れる。続いてトランク以外の車内にザ・カップを置く。最後に、スマートキーが装着された「THE CUP」をアプリケーションと連動すれば、「THE CUP」がスマートキーのボタンを代わりに押して操作してくれる。

 
▼あわせて読みたい
自由に移動できる“家”!?車で運べる“ログ小屋”で、どこでも好きな場所で超快適テレワークが実現

 

 
アプリケーションでオートドア機能を有効にすると、Bluetooth機能が距離を検知。設定距離に近づいた時にドアが開錠し、離れるとドアがロックされる。

 

 
「THE CUP」は人数の制限なく、多数の人に車のキーをアプリで共有し管理することができる。家族や会社で車を共有するのにも便利だ。ただし、同時接続は2台までとなっていて、セキュリティ面も考えられている。

 

 
近年、スマートキーへの不正アクセスによる車両盗難が問題になっている。「THE CUP」は、通常のスマートキーとは異なる仕組みを採用しているので、その点も安心。また、ペアリング後のパスワードの管理にも強力な二重セキュリティの方式を用いている。

 
▼あわせて読みたい
世界最小&わずか600gの超軽量“電動空気入れ”は、車のタイヤにも使える!LEDライト付きで懐中電灯としても〇

 

 
車のカギは小さいので「うっかり落とした」「どこに行ったかわからない」といったことが起こりがち。また、家族で車を共用していると「誰かカギを持ったまま出かけて、車が使えない」といった事態も。そんな不便を解消してくれる「THE CUP」。盗難対策にも有効で、カーライフの安全・安心を手軽に守ってくれるだろう。

 

THE CUP(ザ・カップ)
先行販売価格:12,700円~24,400円(税込)※プロジェクト終了は2021年11月29日(月)予定
サイズ:縦6.6×横7.4×幅12cm
重さ:400g
色:ブラック&グレー
通信方式:Bluetooth4.2,beacon
作動OS:IOS13以上、Android5.0以上
発送:2022年2月末までに発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/thecupURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す