旅の+one

ポケットにいれてもはみ出さない!片手に収まる極限サイズの長財布は、ガバっと開いて出し入れラクラク大容量

 
▼あわせて読みたい
“究極”の財布は、革をただ折っただけ。金具なし、縫製も接着もしないのに丈夫で耐久性は抜群

 
革小物製作教室やワークショップを主宰する「Studio Y Creation」は、“片手に収まる”サイズ感の超極小長財布「…to・Stilvo」の販売を、応援購入サービス「Makuake」にて開始した。

 

 
「…to・Stilvo」は、極限サイズを実現した片手に収まるジャストサイズのLファスナー長財布。開閉時には大きく開き、カードや小銭などの出し入れがスムーズ。特殊マチの採用で豊富な収納力を誇る。また、たくさん収納しても、柔らかい素材と計算された仕立てでファスナーの負担を軽減し、スムーズに開閉できる。さらに裏地は抗菌加工を施している。

 

 

 
一般的な仕立てのマチは、画像のようにマチが内側に入ってしまうが、「…to・Stilvo」は中央のマルチスペースとマチが一体化しているため、内側に入ることがなく、スペースが有効に使えることにより極限サイズを可能にした。

 

 
カード類は使用する際、財布の中から素早く取り出したいもの。「…to・Stilvo」は、斜め上に引き出せる構造で、カードの出し入れがスムーズに行える。

 
▼あわせて読みたい
究極に荷物を削減!鍵、現金、クレカ、栓抜き、USBメモリをカードサイズに収納できる、多機能キーケース

 

 
財布の中央部分に小銭やアクセサリーの収納に便利なスペースを設置。鍵などが入れられるスペースも設けられており、しかも独自の斜めカットの採用で、鍵が深く入り込んでもスムーズに取り出せる。

 

 
知らない間に混じり合ってしまう紙幣と領収書の仕分けにも配慮している。紙幣の収納場所にはフラップが付いているの整理整頓も楽だ。

 

 

 
財布の裏側には2サイズの隠しポケットが用意されている。一方は、交通系ICカードのサイズ、もう一方は駐車券などを収めるのに都合のよいサイズだ。自動改札でも財布からカードを取り出す手間がなく、タッチ・アンド・ゴーで通り抜けられる。

 
▼あわせて読みたい
手荷物なしで外出OK!PC、貴重品、飲み物まですべて入る“着るリュック”、置き引きやスリにあう心配もなし

 

 

 
「…to・Stilvo」は、一万円札がジャストで収まる極限のサイズを追求。一般的な長財布よりも15~20mm小さいサイズを実現。ヒップポケットにきれいに収納できるのはもちろん、ジャケットの胸ポケットにもぴったり収まり、シルエットに響くこともない。

 

 
レザーは、植物タンニン鞣しの「アマンダオイル」革を使用。革らしいシボとオイルレザー特有の触感が持っていて心地よく、しかも、ちょっとしたキズは、指で優しくなじませれば目立たなくなる、抜群の修復力を持つ。

 
豊富な収納力が魅力の長財布だが、ともすると中がごちゃついたり、パンパンに膨らんだりしがち。その結果、ポケットなどに収納できなくて、手持ちになったり、別にバッグを用意したりと、本末転倒になることも。収納力と使いやすさ、そして抜群のハンディ性を実現した「…to・Stilvo」なら、ワンランク上のスマートな日常生活を演出してくれそうだ。

 

…to・Stilvo
先行販売価格:19,800~39,000円(税込) ※プロジェクト終了は2021年5月28日(金)予定
サイズ:縦約17.4×横約8.5×厚み約2cm
素材:国産本革/植物タンニン鞣し仕上げ、裏地は抗菌防臭加工 綿オックス
カラー:全5色
発送:2021年9月末頃発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/stilvoURL

 
source:@PressURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す