旅の+one

中東・ヨルダン発の「死海コスメ」が驚きの保湿力。5つ星ホテルでも使われる希少な品が東京で買える

死海の成分を使った中東・ヨルダンのナチュラルコスメブランド「TRINITAE(トリネティ)」が、東京の西武池袋本店に2021年2月10日(水)~16日(火)まで期間限定ショップをオープンする。

 
1935年から、ハンドメイドソープを作ってきた一家の三代目、アザール夫妻が2000年に立ち上げた「TRINITAE」。今では死海沿岸の5つ星リゾートホテルの客室アメニティーやスパプロダクトにも導入されている、ヨルダンを代表するブランドだ。

 

▲出典:TRINITAEURL

 
ヨルダン固有の自然資源である「死海」の成分とアロマテラピーを取り入れたボディケア、スキンケア製品が特徴。死海には、吸湿性に優れた塩化マグネシウムなどの天然ミネラル成分が豊富に含まれているため、長時間うるおいのある肌を保ち、「肌本来の美しさ」を取り戻すことができる。

 

 
なかでも洗顔石鹸は、試行錯誤を繰り返しながら何年も修業を重ねた職人だからこそできる「artisanal soap(職人のソープ)」と言われる逸品。できる限り自然界に存在する原料にこだわり、職人の手によって一つ一つ丁寧に製造。大量生産ができないので、大変希少な石鹸だ。

 
伝統的な釜炊きけん化法と手間暇のかかるトリプルミルド製法を用い、自然の保湿成分であるグリセリンをあえて残すことでしっとりと仕上げるとともに、最後まで濃厚でクリーミーな泡立ちと芳醇な香りを楽しめる。

 

 
持続可能なブランドとして、洗顔石鹸を含め、大量生産を行っていない。そのため日本で購入できるのは貴重な機会だ。まだまだ寒さの続く冬、死海の成分が入ったコスメで乾燥知らずの肌を手にいれてみてはいかがだろうか。

 

TRINITAE(トリネティ)期間限定ショップ
開催期間:2021年2月10日(水)~16日(火)
場所:東京・西武池袋本店 1階(中央A6)化粧品売場イベントスペース
Webサイト:https://tr-japan.com/
URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す