旅の+one

鋳物なのに軽くて薄い鍋なら、キャンプにも持っていける!コンパクトで本格料理も作れる

 
▼あわせて読みたい
防水性能に気圧表示、コンパス機能まで!キャンプやトレッキングもおすすめの登山時計12選を大公開

 
金属産業が盛んな街・新潟県燕三条の町工場から、ソロキャンプ向けのギアとして鋳物スキレット「SSCamp!(エス・エス・キャンプ!) ソロキャスト16」が誕生した。2021年8月1日(日)から一般発売を開始予定だ。

 

 
手掛けたのは創業60年を迎える老舗鋳物工場・三条特殊鋳工所。鋳物製精密機械部品作りの技術を応用し、「世界一軽い鋳物ホーロー鍋。ユニロイ」をはじめ、さまざまな自社商品を生み出してきた。

 
今回はクラウドファンディング第三弾として、ソロキャンプ向け鋳鉄ギア「ソロキャスト16」をおよそ一年かけて開発。応援購入サービス「Makuake」にて2カ月で740万円もの応援購入を獲得した。

 

 
鋳物は熱伝導性に優れており、焚火やコンロで肉を焼いたりする際、均一に火が通り美味しく焼ける。普段のキャンプ飯がワンランク上の料理へと変わる調理器具だ。

 
従来の鋳鉄スキレットは小さくても重いという難点から、ソロキャンプには不向き思われてきた。しかし、「ソロキャスト16」は鋳物なのに薄くて軽く、簡単に扱うことができる。こだわりのギアを選ぶキャンパーにはもってこいの商品だ。

 

 
ギアのデザインは初めて完全社内で実施。かわいさとかっこよさを両立するようなデザインを目指したという。丸くて両手に収まるそのフォルムはかわいさを、そして鋳物の持つ無骨さも残したギアとなっている。

 
▼あわせて読みたい
おうちでも極厚ステーキ肉を名店レベルに! 特厚4.5mmの鉄なべで誰でも超美味に焼ける。お好み焼きや蒸し料理もOK

 

 
「ソロキャスト16」は浅型プレート、浅型グリル、深型スキレットの3点に、全てに共通のハンドルがセットとなる4点セット。ハンドルは取り外し可能なため、調理中に熱くならないことも特徴の一つだ。浅型プレートはもう2点のグリル、スキレットの蓋にもなり、蓋に炭をのせて調理するダッチオーブン的な使用方法も可能。

 

 
いろいろな料理法が可能なこの商品でキャンプの料理の可能性がぐっと広がることだろう。

 
▼あわせて読みたい
面倒な組み立ては不要!蓋付き鉄板でBBQもスープもできる卓上グリル。炭でも固形燃料でも、さまざまな熱源に対応

 

SSCamp! ソロキャスト16
価格:19,800円(税込)※2021年8月1日(日)発売予定
問い合わせ:三条特殊鋳工所 
Webサイト:https://www.e-santoku.co.jp/URL

 
source: PR TIMES URL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す