旅の+one

現金・クレカ・スマホが一体化!スマホに取り付けられる“ミニ財布”なら、どんな決済方法にも対応できる

 
▼あわせて読みたい
薄い・軽い・丈夫!厚さ5mmの“極薄財布”は、カード20枚を収納可能。防水&傷がつきにくい素材使用

 
キャッシュレス決済の普及で、各種の支払いをスマホに一本化する人が多くなった。とはいえ、外出先で現金が必要になる場面もまだまだある。そこで、事務機器メーカーの「キングジム」は、スマートフォンに装着でき、現金やカードをスマートフォンと一緒に持ち運べるコンパクトな財布「ウォレカ」を開発。2021年12月3日(金)より販売を開始する。

 

 
「ウォレカ」は、硬貨を入れられるチャック付きのポケットとカードケースが一体となった、スマートフォンに取り付けるコンパクトな財布。現金やカードをかさばらずにスマートフォンと一緒に持ち運べ、キャッシュレス決済も現金・カード決済もこれ一つで対応できる。

 

 
装着は回転式レールパーツをシールで貼るだけ。複雑な取り付けの手間なくすぐに使える。

 
▼あわせて読みたい
もう財布をなくさない!7mmの極薄財布は紛失防止タグ付き。カード6枚&鍵の収納までできるスグレモノ

 

 
「ウォレカ」本体には回転式のレールパーツがついており、反時計まわりに90度回転させるだけで簡単に着脱可能。自宅などで財布が必要ない場合や、スマートフォン用スタンドを使う場合など、不要な時は簡単に取り外せる。レールパーツの厚みは約2mmで、携帯時も気にならない。

 

▲左:スリムタイプ、右:スタンダードタイプ

 
サイズは薄さにこだわった「スリムタイプ」、紙幣も収納できる二つ折りの「スタンダードタイプ」と、使い道によって選べる2種類で展開。「スリムタイプ」はカードを約2枚、硬貨約15枚まで収納可能。「スタンダードタイプ」はカードを約5枚、硬貨約15枚、二つ折り紙幣約5枚、レシート・クーポン類約3枚まで収納可能だ。

 

 
「ウォレカ」本体には建材や防護服にもよく用いられる、薄くて耐久性のあるTyvek(R)(タイベック)素材を採用。十分な収納力を備えつつ、持ち運びに適した仕様となっている。

 
▼あわせて読みたい
累計売上1.4億円超え!世界最小級財布の最新作。95×65mmサイズに紙幣10枚・カード10枚を収納

 

 
ちょっと近くまで出掛けるときにスマホと財布で両手がふさがったり、スマホ決済ができなくてバッグからあわてて財布を取り出したりと、スマホと財布の両方待ちには何かと不便がつきまとう。そんな悩みも「ウォレカ」があれば、簡単に解消できそうだ。

 

ウォレカ
価格:1,848円(スリムタイプ・税込)、2,398円(スタンダートタイプ)、528円(ウォレカ専用レールパーツ・2個入り・税込)
カラー:ベージュ、ネイビー、シルバー、ブラック
Webサイト:https://www.kingjim.co.jpURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す