旅の+one

電熱ヒーター内蔵の“発熱ジャケット”で、極寒でもあったか!「ノーベル賞素材」で通気性がよく汗で蒸れない

 
▼あわせて読みたい
わずか2mmの薄さなのにマイナス196度でも暖かい“超断熱ジャケット”!秘密は宇宙服にも採用される素材「エアロゲル」

 
ポータブルバッテリー式の電熱ヒーターをウエアの中に備えた“電熱ウエア”が話題を呼んでいる。クラウドファンディング「GREEN FUNDING」にて予約販売中の「Warm G(ウォーム ジー)」は、暖かいのはもちろん汗で蒸れにくい通気性のよさを確保しているという。

 

 
「Warm G(ウォーム ジー)」には零下にも耐えられる、電熱ヒーターがお腹周りの部分に搭載されており、温度は25~35度、35~45度、45~55度と3段階の温度調整が可能。どんな寒さでも程よい温もりを感じることができる。

 

 
「Warm G(ウォーム ジー)」の最大のポイントは、2010年のノーベル賞で話題になった「グラフェン」という六角形の網目状に結合した特殊な炭素素材を採用した点にある。これにより、体内から出ている熱をジャケット内で効果的に温もりを作り上げながら、汗ばんだ際には自慢の通気性で衣服が蒸れることもない。

 
▼あわせて読みたい
たった2mmの生地でマイナス40度にも耐える“軽量アウター”!防水・防汚・防寒でマルチに使える

 

 
さらに表面には撥水加工を施し、分厚いポリエステル生地で防風にも特化。内側の通気性の良さを確保しながら、外からの冷たい風はシャットアウトして、極寒の中の活動でも快適に過ごせるようになっている。

 

 
色柄も豊富で男性用モデルで7種類、女性用モデルで8種類を用意。寒さが厳しい真冬でも「Warm G(ウォーム ジー)」を着れば冬をアクティブに過ごせそうだ。

 

 
▼あわせて読みたい
ヒーターが内蔵されたマフラーで即あったか!3段階の温度調整が可能で、肌寒い日でも首回りがポカポカに

 

Warm G(ウォーム ジー)
価格:9,500円~16,900円(税込)※プロジェクト終了は2022年1月31日予定
発送:2022年3月下旬予定
Webサイト:https://greenfunding.jp/gloture/projects/5471URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す