旅の+one

火の粉が飛ばない焚き火台が登場!キャンプ場や庭の芝生を傷めずに極上のチル体験が叶う

 
▼あわせて読みたい
一瞬で設置完了する焚き火台。料理台もついて調理もラクラク、タフな鋼鉄製で耐久性も抜群

 
環境配慮型新アウトドアブランド「we know enough<(ウィーノーイナフ)」の第一弾プロジェクトとして、自然を想うサスティナブルな焚き火台が登場。応援購入サービス「Makuake」にて販売を開始した。

 

 
「we know enough<」は、自然と社会を共に豊かにすることを目指して、建築家の岡田宰氏とUI/UXデザイナー石原亮氏のコラボレーションにより、2021年春に誕生した環境配慮型のアウトドアガレージブランドだ。今回は、その第一弾として発売された焚き火台を紹介する。

 

 
最大の特長は、炎から草花を守る独自の構造だ。火床に加えて灰受けプレートが設置されており、火の粉から自然を守る仕組みとなっている。さらに灰受けプレートを地面から浮かせ空気層を設けることで、風の通り道を作り、地面や草花への影響を極力少なくすることを可能にした。

 
実は、世に出ているほとんどの焚き火台が本体からの火の粉や放射熱によって、焚き火台シートを利用してもフィールドにダメージを与えてしまう。アウトドアは自然の恩恵を受け、楽しませてもらっているからこそ、 自然環境を想ったプロダクトを作れないかと考え、このプロジェクトがスタートとしたという。

 
▼あわせて読みたい
富士山や紫陽花の柄が浮かぶ、上質な焚火体験を!アウトドアに大活躍の、大人な焚火台が登場

 

 
自然を楽しむというアウトドア本来の目的を実現するため、人工物の存在はない方が心地良いという考えから生まれたこのデザイン。自然の美しさを際立たせ、焚き火やキャンプをとおして、自然の魅力を最大限満喫して欲しい、そういう想いが”ミニマルなデザイン”に込められている。

 
自然を想いながら、アウトドアを楽しむ。そんなアウトドアの原点を気づかせてくれる逸品だ。

 
▼あわせて読みたい
たった1秒で完成する焚き火台が登場!火加減を調整できる絶妙な傾きで、薪の追加も簡単

 

「we know enough<」焚き火台
先行販売価格:19,840~30,420(税込)※プロジェクト終了は2021年7月30日(金)予定
サイズ:L550mm×W470mm×H300mm(組み立て時)、L550mm×W287mm×H15mm(収納時)
重量:約2.4kg(試作品での計測)
材質:フレーム SUS304/6mm、ステンレスメッシュ SUS304/1.1mm・3.5mm、灰受けプレート ステンレススチール0.3mm
セット内容:本体、収納袋
発送:2021年10月末頃発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/weknowenough/URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す