旅の+one

指紋認証で解錠できる“電動アシスト自転車”なら盗難も防ぐ!マップ確認やヘルスケア、鍵のシェアも可能な最先端バイク

 
▼あわせて読みたい
走りながらバッテリー充電する電動アシスト自転車!軽量で、レバーを引くだけで折り畳みできる

 
電動自転車の開発・販売を行う「アベントゥーライフ」は、アプリと連携できる電動自転車=コネクティッドバイクの「WELB WL01(ウェルビー ダブリューエルゼロワン)」を発表。応援購入サービス「Makuake」にて、2022年1月8日(土)までの期間限定で先行販売を開始した。

 

 
コネクティッドバイクとは、ネットワークにつながることでスマートロックやヘルスケア管理などさまざまな機能を持ち、その機能は随時アップデートが可能。「WELB」では整備士によるカスタマイズサポートで「車体をアップグレードする」という意味もある。

 
「WELB」は日本発のコネクティッドバイクブランド。企画・販売・整備・アフターフォロー・カスタマイズまで、国内にて一気通貫で行っている。

 

 
「WELB WL01」は、電動アシスト自転車には見えないスタイリッシュなデザインが目を引く。モーターは車輪と一体型で一切の無駄がなく、バッテリーはスリムにまとめてフレームに内蔵している。

 
▼あわせて読みたい
走電動と折り畳みのいいとこどり、坂道もデコボコ道もスイスイの自転車!7段ギアで最大120km走行可能

 

▲出典:応援購入サービス「Makuake」URL

 
16.8kgと電動アシスト自転車では驚異的な軽さの車体重量を実現した「WELB WL01」。快適な走行ができるのはもちろん、高スペックながらリーズナブルな価格も魅力だ。

 

 
「WELB WL01」のスマートロックは、独自開発し国内で製造。指紋認証システム及びスマートフォンアプリからスマートロックの解錠・施錠ができ、盗難などのトラブルを防止する。

 

▲出典:応援購入サービス「Makuake」URL

 
解錠・施錠などだけでなく、WELB専用アプリケーションとの連携でさまざまな機能を利用可能。アプリケーションはマップ機能も備え、コンパスが目的地までサポート。また走行データから消費カロリーが計算され、健康管理などにも役立つ。また、自転車を貸したい人に鍵のシェアをすることもできる。

 

 
「WELB WL01」は、ハンドルやサドル、ペダルからコンポーネンツまで、パーツ一つ一つのカスタマイズが可能。ドロップハンドルにビンディングペダルをつけてアクティブに走る人にも、街乗りや通勤に使う人にも、使い方や要望に合わせてカスタマイズすることができる。

 
▼あわせて読みたい
約70km走れる、電動バイク・電動自転車・自転車が1台に!簡単に折り畳みOK、無骨なビジュアルも〇

 

▲出典:応援購入サービス「Makuake」URL

 
昨今の社会状況の中で、移動手段として注目を集めている自転車。あらためて自転車の魅力に目覚めた人も多いだろう。電動アシスト自転車には見えないスタイリッシュな車体とさまざまなアプリケーションとの連動が魅力の「WELB WL01」。街乗りから近郊へのツーリングまで幅広く利用できるのはとても魅力的だ。

 

WELB WL01(ウェルビー ダブリューエルゼロワン)
先行販売価格:148,500円~259,200円(税込)※プロジェクト終了は2022年1月8日(土)予定
フレームサイズ:470mm(~168cm)、500mm(168~180cm)
タイヤサイズ:700×23~32c
重量:16.8kg
耐荷重:120kg
走行距離:45~100km
充電時間:3~4時間
変速段数:9速
ブレーキ:ディスクブレーキ(機械式)
カラー:シルバー(艶あり)、グレー(艶なし)、ブラック(艶あり)
発送:2022年4月末までに発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/aventulife03URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す