旅の+one

サウナ好き必見!氷点下30℃の極寒絶景外気浴、真冬の北海道で本場フィンランド式ロウリュを

真冬の最低気温が氷点下20~30℃まで下がる北海道屈指の極寒都市「阿寒」。そこに位置する「ニュー阿寒ホテル」が、阿寒の気候とホテル内にある地上30メートルに設けられたインフィニティ・エッジ・スパ「天空ガーデンスパ」を融合させたサウナコンテンツ、「フロストサウナ」を2021年1月17日(日)から2月28日(日)までの期間限定で実施する。

 

 
サウナの聖地フィンランドでは、家の軒先や雪原に簡易サウナを設置して「サウナ+極寒の外気浴」を楽しむスタイルが約1,500年前から続いている。そこで、阿寒がフィンランドに匹敵する寒さであることを生かし、ニュー阿寒ホテルのシャングリラ館屋上にあるインフィニティ・エッジ・スパ「天空ガーデンスパ」に外気浴スペースを期間限定で設置。より本場に近い環境で至高のサウナ体験ができる。

 

 
外気浴スペースからは、日中は広大な阿寒湖を一望でき、夜はアイスキャンドルが並べられた幻想的な空間で、満点の星空を見ることができる。さらに、2021年2月1日(月)からは打ち上げ花火も開催され、ここでしか見ることができない絶景を眺めながら、極寒の外気浴を楽しめるのだ。

 

 
熱せられた鉄板に専用のサウナストーンを配置し、ホテルで独自ブレンドしたオリジナルアロマ水をかけて水蒸気を発生させ、温度と湿度を上昇させる「セルフロウリュ」に加え、期間中は阿寒湖から切り出した氷で行うロウリュ「氷リュ」も実施される。さらに大浴場内のサウナ室には、阿寒の森の白樺を配置するなど、この地ならではの体験ができる。

 

 
冬の阿寒の自然を存分に生かした極寒の「フロストサウナ」をぜひ、試してみてはいかがだろうか。

 

フロストサウナ
開催期間:2021年1月17日(日)~2月28日(日)
住所:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉2丁目8-8
場所:ニュー阿寒ホテル シャングリラ館屋上
インフィニティ・エッジ・スパ「天空ガーデンスパ」
アクセス:釧路空港より車で約1時間、JR釧路駅より車で約1時間20分、帯広駅・釧路駅(ほか立ち寄りあり)から有料送迎バス運行あり(予約制)
駐車場: 200台(無料)
Webサイト:https://www.newakanhotel.co.jp/URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す