旅の+one

厚岸牡蠣とも相性抜群! 世界が認める「厚岸ウイスキー」

【Bookmark for Traveler】

文/関屋淳子

ウイスキーの聖地といわれるスコットランド・アイラ島。海に近いこの地で育まれるウイスキーは、スモーキーで個性的な味わいからアイラモルトと呼ばれる。伝統的な製法でアイラモルトのようなウイスキーを造りたいと始まったのが厚岸蒸溜所の第一歩であった。道東初の蒸溜所として稼働を始めたのは2016年。冷涼で湿潤、そして海霧に覆われる厚岸はアイラ島に似て、ウイスキー造りには格好の地だという。

 
厚岸ウイスキー サロルンカムイ

▲「厚岸ウイスキー サロルンカムイ」200ml 5,500円(税込)。

 
2020年2月、蒸溜所初のシングルモルト「厚岸ウイスキー サロルンカムイ」が誕生。初仕込み・初蒸溜された原酒が3年超の時を経て醸されたのだ。トップフレーバーは高級なストロベリーチョコレートを連想させ、スパイシーでビター、かすかなニッキのような甘みが続く。国際的酒類品評会「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション 2020」で最優秀金賞を受賞、日本を代表する一本といえる。

 
アイラ島では牡蠣にウイスキーを垂らして食べる食文化があり、厚岸ウイスキーと厚岸産の牡蠣とのマリアージュももちろん秀逸だ。旨味の相乗効果が生まれ、潮の香りが口の中に広がる。

 
厚岸蒸留所

▲左/ポットスチル(単式蒸溜器)はスコットランド製。右/厚岸蒸溜所。

 

厚岸蒸溜所
牡蠣
住所:北海道厚岸郡厚岸町宮園4-109-2
URL:http://akkeshi-distillery.com
蒸溜所での商品販売・見学は現在行っていない。
購入は百貨店、洋酒販売店で。

 

(SKYWARD2020年7月号掲載)
※記載の情報は2020年7月現在のものであり、実際の情報とは異なる場合がございます。掲載された内容による損害等については、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す