旅の+one

最強開運日、2022年の一粒万倍日はいつ?天赦日と重なる日も紹介

 
▼この記事を読んでいる人にオススメ!

大安とは?意味や由来、2022年の大安カレンダーを紹介

 
SNS上などでよく目にする「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」や「天赦日(てんしゃにち/てんしゃび)」。運勢に関わる吉日だが、どのように運気がいい日なのか、一粒万倍日と天赦日が重なると運気もパワーアップするのか、など、一度きちんと学んでおきたい。

 
この記事では、

 
・一粒万倍日って何?
・一粒万倍日にするといいこと、してはいけないこと
・2022年の一粒万倍日
・天赦日、寅の日、大安など、そのほかのラッキーな日
・不成就日とは何か?

 
について詳述する。

 

一粒万倍日って何?

 
一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は、日本の暦に古くからある吉日の一つ。その決め方は少しややこしいが、二十四節気(立春・夏至・立秋など)と、干支(甲・乙・丙・丁……と子・丑・寅……を組み合わせたもの)によって決められ、「立春から啓蟄(けいちつ)の前日までは、丑と午の日」「啓蟄から清明(せいめい)の前日までは、寅と酉の日」というように、二十四節気の節目と節目の間の2日が一粒万倍日になる。おおよそ6日に1回、ひと月に5日、1年間だと約60日ある。

 
この言葉が意味するところは「種籾(たねもみ)一粒から一本のイネができ、このイネから万倍もの数のお米が穫れること」。すなわち「わずかなものが飛躍的に増えること」。この日に始めたことは、やがて大きな成果を上げると考えられることから、一粒万倍日は「何かを始めるのに最適な日」とされる。

 

一粒万倍日にするとよいこと、してはいけないこと

 
前述のとおり、一粒万倍日は「何かを始めるのに最適な日」とされる。そのため、入籍や結婚式の日取りとして最適。幸福の種が大きく膨らむというイメージだ。また、この日にお金を投資すると、将来的にそれが大きな利益となって返ってくると考えられている。ほしかった靴を買う、新しい財布を買う、もしくは使い始める、宝くじを買うなど、お金に関連することによい日とされている。

 
ほかにも、プロジェクトを始める、開店・開業をする、銀行口座を開設するなどが「するとよいこと」といわれている。

 
また、一粒の種籾を「ささやかな気持ち」と考えると、大切な人に思いを伝える日としても最良となる。「1」の気持ちが万倍に膨らむと期待して。

 
逆に、一粒万倍日にやってはいけないのが、借金や人からものを借りること。また夫婦や家族、仲間との小さないさかいにも気を付けたい。マイナスな事柄は、後にさらに増幅され、「苦労が万倍になる」とされるので要注意だ。

 

2022年の一粒万倍日

下記が2022年の一粒万倍日だ。ただし、カッコで示した日は「不成就日」と重なっており、一粒万倍日のパワーが打ち消されてしまうので注意しよう。不成就日を除くと、一粒万倍日は53日ある。チェックしておこう。

 
〈2022年の一粒万倍日〉 *印は不成就日

1月 11日(火)、14日(金)、23日(日)、26日(水)
2月 5日(土)、10日(木)、17日(木)、22日(火)
3月 1日(火)、9日(水)、14日(月)、21日(月)、26日(土)
4月 2日(土)、5日(火)、8日(金)、17日(日)*、20日(水)、29日(金)
5月 2日(月)、14日(土)、15日(日)、26日(木)、27日(金)
6月 9日(木)、10日(金)、21日(火)、22日(水)
7月 3日(日)、4日(月)*、7日(木)、16日(土)、19日(火)、28日(木)*、31日(日)*
8月 10日(水)、15日(月)、22日(月)、27日(土)
9月 3日(土)、11日(日)、16日(金)、23日(金)、28日(水)
10月 5日(水)、8日(土)、11日(火)、20日(木)*、23日(日)
11月 1日(火)、4日(金)、16日(水)、17日(木)、(28日(月))、29日(火)
12月 12日(月)、13日(火)、24日(土)、25日(日)

 

天赦日、寅の日、大安など、そのほかのラッキーな日

 
一粒万倍日のほかにも吉日はいろいろとあり、一粒万倍日と重なることでどのくらいラッキー度がアップするかも組み合わせによって異なる。それぞれの吉日の意味や由来、その日にするとよいこと、してはいけないことを紹介していこう。

 

天赦日(てんしゃにち/てんしゃび)

日本の暦の上で最上とされる日。年に数回しか訪れない大開運日である。神様が天に昇り、天がすべてをゆるす日とされる。一粒万倍日と重なると、最強の開運日となる。2022年、二つが重なるのは3日のみ。ぜひ逃さずに、幸運を手に入れよう。

 
〈2022年の天赦日〉

1月 11日(火) ★一粒万倍日、天恩日と重なる
3月 26日(土) ★一粒万倍日、寅の日と重なる
6月 10日(金) ★一粒万倍日と重なる
8月 23日(火)
10月 22日(土)
11月 7日(月)

 

寅の日(とらのひ)

十二支の「とら」の日。虎の体毛が金色であることから金運と結び付けられる。また、「虎は千里行って、千里帰る」のことわざから、勢いが盛んな様を意味する。また、この言葉を「無事に帰る」と捉えて、旅立ちの日によいとされている。

 
〈2022年の寅の日〉

1月 1日(土)、13日(木)、25日(火)
2月 6日(日)、18日(金)
3月 2日(水)、14日(月)★一粒万倍日と重なる、26日(土)★一粒万倍日、天赦日と重なる
4月 7日(木)、19日(火)
5月 1日(日)、13日(金)、25日(水)
6月 6日(月)、18日(土)、30日(木)
7月 12日(火)、24日(日)
8月 5日(金)、17日(水)、29日(月)
9月 10日(土)、22日(木)
10月 4日(火)、16日日)、28日(金)
11月 9日(水)、21日(月)
12月 3日(土)、15日(木)、27日(火)

 

巳の日(みのひ)、己巳の日(つちのとみのひ)

 
巳の日は、十二支の「へび」の日。蛇は神様の使いとされ、特に白蛇は弁財天(金運や芸術をつかさどる)の使いといわれる。宝くじの購入、銀行口座の開設、新しい財布を買うなど、お金にまつわることをするのによい。
これに十干(じっかん)の「己(つちのと)」が重なる日が己巳の日。巳の日のなかでも特に縁起のよい日とされている。日本三大弁天(宝厳寺、江島神社、厳島神社)の縁日は、この日に行われることが多い。

 
〈2022年の巳の日、己巳の日〉 *印が己巳の日

1月 4日(火)、16日(日)*、28日(金)
2月 9日(水)、21日(月)
3月 5日(土)、17日(木)*、29日(火)
4月 10日(日)、22日(金)
5月 4日(水)、16日(月)*、28日(土)
6月 9日(木)、21日(火)
7月 3日(日)、15日(金)*、27日(水)
8月 8日(月)、20日(土)
9月 1日(木)、13日(火)*、25日(日)
10月 7日(金)、19日(水)、31日(月)
11月 12日(土)*、24日(木)
12月 6日(火)、18日(日)、30日(金)

 

大安(たいあん)・友引(ともびき)

大安は六曜(暦に記載される吉凶である暦注の一つ)の吉日で、この日には何をやってもよいとされる。
友引は同じく六曜の一つで、本来は「相打ち」「引き分け」を意味し、よくも悪くもないが、朝晩は吉で昼は凶とされている。「友を引く」という意味に捉えて、葬儀を避ける人もいる。おめでたいことにおいては「幸せのお裾分け」と解釈されることもある。

 
〈2022年の大安〉

1月 8日(土)、14日(金)、20日(木)、26日(水)
2月 5日(土)、11日(金)、17日(木)、23日(水)
3月 1日(火)、6日(日)、12日(土)、18日(金)、24日(木)、30日(水)
4月 3日(日)、9日(土)、15日(金)、21日(木)、27日(水)
5月 2日(月)、8日(日)、14日(土)、20日(金)、26日(木)、30日(月)
6月 5日(日)、11日(土)、17日(金)、23日(木)
7月 4日(月)、10日(日)、16日(土)、22日(金)、28日(木)
8月 2日(火)、8日(月)、14日(日)、20日(土)、26日(金)、30日(火)
9月 5日(月)、11日(日)、17日(土)、23日(金)、28日(水)
10月 4日(火)、10日(月)、16日(日)、22日(土)、26日(水)
11月 1日(火)、7日(月)、13日(日)、19日(土)、24日(木)、30日(水)
12月 6日(火)、12日(月)、18日(日)、28日(水)

 
〈2022年の友引〉

1月 5日(水)、11日(火)、17日(月)、23日(日)、29日(土)
2月 2日(水)、8日(火)、14日(月)、20日(日)、26日(土)
3月 3日(木)、9日(水)、15日(火)、21日(月)、27日(日)
4月 6日(水)、12日(火)、18日(月)、24日(日)、30日(土)
5月 5日(木)、11日(水)、17日(火)、23日(月)、29日(日)
6月 2日(木)、8日(水)、14日(火)、20日(月)、26日(日)
7月 1日(金)、7日(木)、13日(水)、19日(火)、25日(月)、30日(土)
8月 5日(金)、11日(木)、17日(水)、23日(火)、27日(土)
9月 2日(金)、8日(木)、14日(水)、20日(火)
10月 1日(土)、7日(金)、13日(木)、19日(水)、29日(土)
11月 4日(金)、10日(木)、16日(水)、22日(火)、27日(日)
12月 3日(土)、9日(金)、15日(木)、21日(水)、25日(日)、31日(土)

 

大明日(だいみょうにち)

 
天地が開け、隅々まで日の光で照らされることを意味し、あらゆることに大吉とされる日。引っ越し、旅行など、移動に関わることや普請によいとされる。

 
〈2022年の大明日〉

1月 3日(月)、5日(水)、6日(木)、7日(金)、8日(土)、16日(日)、17日(月)、18日(火)、19日(水)、20日(木)、24日(月)、26日(水)、29日(土)、31日(月)
2月 3日(木)、8日(火)、11日(金)、18日(金)、20日(日)、21日(月)、22日(火)、23日(水)、25日(金)、26日(土)、27日(日)
3月 4日(金)、6日(日)、7日(月)、8日(火)、9日(水)、17日(木)、18日(金)、19日(土)、20日(日)、21日(月)、25日(金)、27日(日)、30日(水)
4月 1日(金)、4日(月)、9日(土)、12日(火)、19日(火)、21日(木)、22日(金)、23日(土)、24日(日)、26日(火)、27日(水)、28日(木)
5月 3日(火)、5日(木)、6日(金)、7日(土)、8日(日)、16日(月)、17日(火)、18日(水)、19日(木)、20日(金)、24日(火)、26日(木)、31日(火)
6月 3日(金)、8日(水)、11日(土)、18日(土)、20日(月)、21日(火)、23日(木)、25日(土)、26日(日)、27日(月)
7月 2日(土)、4日(月)、5日(火)、6日(水)、7日(木)、15日(金)、16日(土)、17日(日)、18日(月)、19日(火)、23日(土)、25日(月)、28日(木)、30日(土)
8月 2日(火)、7日(日)、10日(水)、17日(水)、19日(金)、20日(土)、21日(日)、22日(月)、24日(水)、25日(木)、26日(金)、31日(水)
9月 2日(金)、3日(土)、4日(日)、5日(月)、13日(火)、14日(水)、15日(木)、16日(金)、17日(土)、21日(水)、26日(月)、28日(水)
10月 1日(土)、6日(木)、9日(日)、16日(日)、18日(火)、19日(水)、20日(木)、21日(金)、23日(日)、24日(月)、25日(火)、30日(日)
11月 1日(火)、2日(水)、3日(木)、4日(金)、12日(土)、13日(日)、14日(月)、15日(火)、16日(水)、20日(日)、22日(火)、25日(金)、27日(日)、30日(水)
12月 5日(月)、8日(木)、15日(木)、17日(土)、18日(日)、19日(月)、20日(火)、22日(木)、23日(金)、24日(土)、29日(木)、31日(土)

 

母倉日(ぼそうにち)

「天が万物を慈しみ育てる日」とされている開運日。月に数回あり、大安や天赦日と重なると運気が増すと考えられている。入籍、結婚式など婚姻関係の行事に向く。

 
〈2022年の母倉日〉

1月 5日(水)、16日(日)、17日(月)、28日(金)、29日(土)
2月 4日(金)、15日(火)、16日(水)、27日(日)、28日(月)
3月 11日(金)、12日(土)、23日(水)、24日(木)
4月 4日(月)、10日(日)、11日(月)、22日(金)、23日(土)
5月 4日(水)、5日(木)、13日(金)、14日(土)、25日(水)、26日(木)
6月 6日(月)、7日(火)、18日(土)、19日(日)、30日(木)
7月 1日(金)、15日(金)、16日(土)、27日(水)、28日(木)
8月 7日(日)、10日(水)、13日(土)、16日(火)、19日(金)、22日(月)、25日(木)、28日(日)、31日(水)
9月 3日(土)、6日(火)、9日(金)、12日(月)、15日(木)、18日(日)、21日(水)、24日(土)、27日(火)、30日(金)
10月 3日(月)、6日(木)、8日(土)、19日(水)、20日(木)、31日(月)
11月 1日(火)、15日(火)、16日(水)、27日(日)、28日(月)
12月 9日(金)、10日(土)、21日(水)、22日(木)

 

天一天上(てんいちてんじょう)

 
天一神が天上界に昇っている期間のこと。癸巳(みずのとみ)の日から戊申(つちのえさる)の日までの16日間をいう。この間は神の祟りがなく、どこに出かけるにも吉とされる。そこから旅行によいという解釈に。また、この期間に日遊神(にちゆうしん)が代役として降臨する。この神は不浄、汚れを嫌うので、家の中をきれいにしていないと、その家に住む人に災いをもたらすとされる。

 
〈2022年の天一天上〉

2月 9日(水)〜24日(木)
4月 10日(日)〜25日(月)
6月 9日(木)〜24日(金)
8月 8日(月)〜23日(火)
10月 7日(金)〜22日(土)
12月 6日(火)〜21日(水)

 

神吉日(かみよしび/かみよしにち)

 
日本独自の暦注で、干支の組み合わせで決まる。全部で60通りある組み合わせのうち33通りが神吉日となるので、ひと月の半分以上と多い。神事、祭礼、遷宮、祈願など神事によい日とされている。神社に参拝したり、ご先祖のお墓参りに行くとよい。

 
〈2022年の神吉日〉

1月 2日(日)、5日(水)、6日(木)、7日(金)、8日(土)、10日(月)、12日(水)、14日(金)、16日(日)、17日(月)、19日(水)、20日(木)、24日(月)、26日(水)、29日(土)、31日(月)
2月 1日(火)、4日(金)、7日(月)、10日(木)、12日(土)、13日(日)、15日(火)、16日(水)、17日(木)、19日(土)、21日(月)、22日(火)、23日(水)、24日(木)、25日(金)、27日(日)、28日(月)
3月 3日(木)、6日(日)、7日(月)、8日(火)、9日(水)、11日(金)、13日(日)、15日(火)、17日(木)、18日(金)、20日(日)、21日(月)、25日(金)、27日(日)、30日(水)
4月 1日(金)、2日(土)、5日(火)、8日(金)、11日(月)、13日(水)、14日(木)、16日(土)、17日(日)、18日(月)、20日(水)、22日(金)、23日(土)、24日(日)、25日(月)、26日(火)、28日(木)、29日(金)
5月 2日(月)、5日(木)、6日(金)、7日(土)、8日(日)、10日(火)、12日(木)、14日(土)、16日(月)、17日(火)、19日(木)、20日(金)、24日(火)、26日(木)、29日(日)、31日(火)
6月 1日(水)、4日(土)、7日(火)、10日(金)、12日(日)、13日(月)、15日(水)、16日(木)、17日(金)、19日(日)、21日(火)、22日(水)、23日(木)、24日(金)、25日(土)、27日(月)、28日(火)
7月 1日(金)、4日(月)、5日(火)、6日(水)、7日(木)、9日(土)、11日(月)、13日(水)、15日(金)、16日(土)、18日(月)、19日(火)、23日(土)、25日(月)、28日(木)、30日(土)、31日(日)
8月 3日(水)、6日(土)、9日(火)、11日(木)、12日(金)、14日(日)、15日(月)、16日(火)、18日(木)、20日(土)、21日(日)、22日(月)、23日(火)、24日(水)、26日(金)、27日(土)、30日(火)
9月 2日(金)、3日(土)、4日(日)、5日(月)、7日(水)、9日(金)、11日(日)、13日(火)、14日(水)、16日(金)、17日(土)、21日(水)、23日(金)、26日(月)、28日(水)、29日(木)
10月 2日(日)、5日(水)、8日(土)、10日(月)、11日(火)、13日(木)、14日(金)、15日(土)、17日(月)、19日(水)、20日(木)、21日(金)、22日(土)、23日(日)、25日(火)、26日(水)、29日(土)
11月 1日(火)、2日(水)、3日(木)、4日(金)、6日(日)、8日(火)、10日(木)、12日(土)、13日(日)、15日(火)、16日(水)、20日(日)、22日(火)、25日(金)、27日(日)、28日(月)
12月 1日(木)、4日(日)、7日(水)、9日(金)、10日(土)、12日(月)、13日(火)、14日(水)、16日(金)、18日(日)、19日(月)、20日(火)、21日(水)、22日(木)、24日(土)、25日(日)、28日(水)、31日(土)

 

鬼宿日(きしゅくび/きしゅくにち)

二十八宿(月が地球の周りを一周する間に通過する28個の星をもとに、吉凶を表す)の一つ。鬼が宿(家)にいて出歩かないので、何事もうまく運ぶ。ただし、結納・結婚式・入籍には不適とされる。嫁入り=新郎の家に入ると、そこにいる鬼と出くわしてしまうから、ということだそうだ。

 
〈2022年の鬼宿日〉

1月 7日(金)
2月 4日(金)
3月 4日(金)
4月 1日(金)、29日(金)
5月 27日(金)
6月 24日(金)
7月 22日(金)
8月 19日(金)
9月 16日(金)
10月 14日(金)
11月 11日(金)
12月 9日(金)

 

天恩日(てんおんにち)

天からの恵みをいただける日とされる。同時に、天への感謝の意を示す日でもある。干支の組み合わせで周期が決まり、年に90日ほどある。5日間続くのが特徴。結婚式、入籍、結納、引っ越し、旅行、お宮参り、厄祓い、地鎮祭、上棟式などによいとされる。

 
〈2022年の天恩日〉

1月 11日(火)~15日(土)、26日(水)~30日(日)
2月 25日(金)~28日(月)
3月 1日(火)、12日(土)~16日(水)、27日(日)~31日(木)
4月 26日(火)~30日(土)
5月 11日(水)~15日(日)、26日(木)~30日(月)
6月 25日(土)~29日(水)
7月 10日(日)~14日(木)、25日(月)~29日(金)
8月 24日(水)~28日(日)
9月 8日(木)~12日(月)、23日(金)~27日(火)
10月 23日(日)~27日(木)
11月 7日(月)~11日(金)、22日(火)~26日(土)
12月 22日(木)~26日(月)

 

月徳日(つきとくにち/がっとくにち)

 
その月の「福」をつかさどる日。家の増改築やリフォームを行ったり、不動産の契約を行ったりするのによい日とされる。

 
〈2022年の月徳日〉

1月 7日(金)、17日(月)、27日(木)
2月 12日(土)、22日(火)
3月 4日(金)、12日(土)、22日(火)
4月 1日(金)、9日(土)、19日(火)、29日(金)
5月 7日(土)、17日(火)、27日(金)
6月 12日(日)、22日(水)
7月 2日(土)、10日(日)、20日(水)、30日(土)
8月 7日(日)、17日(水)、27日(土)
9月 6日(火)、14日(水)、24日(土)
10月 4日(火)、10日(月)、20日(木)、30日(日)
11月 7日(月)、17日(木)、27日(日)
12月 15日(木)、25日(日)

 

要注意!不成就日とは何か?

 
不成就日(ふじょうじゅび/ふじょうじゅにち)は、十干十二支の組み合わせによって吉凶を判断する「選日(せんじつ)」の一つで、何事も成就しない凶日とされる。この日には結婚・開店・子どもの命名・芸事始め・移転・契約・リフォーム・柱立て・相談・願い事などは、してはならないとされる。不成就日が一粒万倍日や大安、天赦日といった吉日と重なると、その運気が削がれるとされる(必ずしも縁起の悪さが万倍になるというようなことではない)。

 
〈2022年の不成就日〉

1月 8日(土)、16日(日)、24日(月)
2月 3日(木)、11日(金)、19日(土)、27日(日)
3月 4日(金)、12日(土)、20日(日)、28日(月)
4月 1日(金)、9日(土)、17日(日)、25日(月)
5月 4日(水)、12日(木)、20日(金)、28日(土)
6月 3日(金)、11日(土)、19日(日)、27日(月)
7月 4日(月)、12日(火)、20日(水)、28日(木)、31日(日)
8月 8日(月)、16日(火)、24日(水)、28日(日)
9月 5日(月)、13日(火)、21日(水)、26日(月)
10月 4日(火)、12日(水)、20日(木)、28日(金)
11月 5日(土)、13日(日)、21日(月)、28日(月)
12月 6日(火)、14日(水)、22日(木)、28日(水)

 

結婚、引っ越し、宝くじ購入、旅行……に適した日

 
人生における大きなイベントから日頃の習慣まで、適した日があるならば、より幸運が訪れる日に行いたいもの。これまで紹介してきた吉日を、イベントごとに向いている日をチェックしよう。

 
【結婚・入籍・結納】
大安、一粒万倍日、母倉日、天恩日

 
【引っ越し】
大安、天一天上、母倉日、大明日、天恩日

 
【投資(財布新調・新しい財布を下ろす、宝くじ購入)】
大安、一粒万倍日、寅の日、巳の日、己巳の日、鬼宿日

 
【旅行】
大安、寅の日、天一天上、大明日、天恩日

 
【開業・独立、習い事初め】
大安、一粒万倍日、天赦日、鬼宿日、天恩日

 
【リフォーム・不動産契約】
大安、月徳日

 
【神社参拝、お墓参り】
大安、神吉日

 
一粒万倍日とそのほかの吉日についてお話してきた。何か新しいことを始めたいとき、結婚や開店など幸先が気になる行事に暦が告げる「運」を大いに活用して、日々を彩り豊かなものにしてほしい。

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND~編集部のおすすめ~

キーワードで記事を探す